コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

並(み) ナミ

デジタル大辞泉の解説

なみ【並(み)】

《動詞「なむ」の連用形から》
並んでいること。並んだもの。ならび。
よくも悪くもないこと。ごく一般的であること。また、そのもの。中ぐらい。普通。「並みの品」「並みの選手」
商品などの等級で、上と下の中間のもの。中程度。「にぎりの並み
同程度・同類であること。同等。
「わが―の人にはあらじと思ひて」〈・玉鬘〉
名詞の下に付いて接尾語的に用いられる。
㋐そのものと同じ、そのものと同じ程度などの意を表す。「例年並みの気候」「世間並みの生活」
㋑その物ごと、その時ごとの意を表す。「軒並み」「月並み
㋒それが並んでいること、いくつも重なっている意を表す。「歯並み」「家並み

へい【並〔竝〕】[漢字項目]

[音]ヘイ(漢) [訓]なみ ならべる ならぶ ならびに
学習漢字]6年
〈ヘイ〉同列にならぶ。「並行並称並進並存並立並列
〈なみ〉「並木並並毛並月並人並町並
[名のり]なめ・み・みつ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

並(み)の関連キーワードパレッツスウィートストリート広島県東広島市志和町志和東滋賀県近江八幡市多賀町カラコルム[山脈]ヴィア ベネットスピンドル油馬鹿でかい合原猪三郎通塗・通途公家諸法度モデレート男谷精一郎同時反応ぐし縫い二重山稜マシン油五服継ぎ非対称度でかでか扇町通り

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android