コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

並ぶ ナブ

デジタル大辞泉の解説

な・ぶ【並ぶ】

[動バ下二]ならべる。→並(な)べて
「日々(かが)―・べて、夜には九夜、日には十日を」〈・中・歌謡

なら・ぶ【並ぶ/双ぶ/列ぶ】

[動バ五(四)]
列などをつくって位置する。また、隣り合う。つらなる。「切符を買いに―・ぶ」「店に品物が―・んでいる」「―・んで座る」
二つのものが一緒に存在する。力の程度に優劣がなく、対等である。匹敵する。「実力、人気ともに―・ぶ」「彼に―・ぶ者はいない」
[可能]ならべる
[動バ下二]ならべる」の文語形

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なぶ【並ぶ】

( 動下二 )
並べる。つらねる。なむ。 「日日かが-・べて夜には九夜ここのよ日には十日を/古事記 」 → なべて(並)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

並ぶの関連キーワード自由が丘スイーツフォレストあさひかわラーメン村ジャック パーセル押し並ぶ・押並ぶリュウキュウガサラグビースクールクロノロジカルデシマルタブオンパレード羽を交わす斗南の一人見世清掻きシェフレラ立ち並む天下無双方等の滝太白山脈塩基配列三十六鱗古今無双

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

並ぶの関連情報