肩を並べる(読み)かたをならべる

精選版 日本国語大辞典「肩を並べる」の解説

かた【肩】 を 並(なら)べる

① 並んで立つ。並んで歩く。また、物など同じ場所に並ぶ。
※今昔(1120頃か)二六「然れば、肩を并ぶる人无(なく)て下る程に」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「歯磨の函と肩を比(ナラ)べた赤間の硯が一面」
② 対等の位置に立つ。同じような勢いや力をもつ。
※宇津保(970‐999頃)菊の宴「あまくだれるかとみえし人にかたをならべ、かみに見し人をしもに見」
※源平盛衰記(14C前)一「六波羅殿の御一家の公達と云ひてければ、花族も英才も面を向へ肩を並(ナラブ)る人なかりけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「肩を並べる」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android