コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中原に鹿を逐う チュウゲンニシカヲオウ

大辞林 第三版の解説

ちゅうげんにしかをおう【中原に鹿を逐う】

〔魏徴の詩「述懐」による。「鹿」は帝位の意〕
天下の中央で帝王の位を得ようと争う。逐鹿ちくろく
多くの人が地位や政権を争う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中原に鹿を逐う
ちゅうげんにしかをおう

古代中国で、王権の争奪をいい、単に逐鹿(ちくろく)ともいう。中原は漢民族の生活領域で、古くは黄河の中・下流地域、現在の河南省を中心とし、山東省西部、陝西(せんせい)省東部にわたる地域をいい、ほぼ周王朝の勢力範囲であったが、のち揚子江(ようすこう)流域の一帯にも広がったため、中原の語は河南省を中心とする華北平原をさすようになった。中原の鹿は周の王権を象徴するものであり、中原の覇者は天下に君臨できたところから、ここを舞台として古代中国の群雄が覇を競ったのである。[田所義行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

中原に鹿を逐うの関連キーワード河南省帝位

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android