コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中国新聞 ちゅうごくしんぶん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中国新聞
ちゅうごくしんぶん

広島県の地方日刊紙。岡山県山口県まで市場が広がっている。創刊は 1892年5月5日で,初め中国』と称したが,1908年6月 21日 5000号記念を機に『中国新聞』と改題し現在に及んでいる。発行部数は朝刊 72万 6355,夕刊 10万 3292 (1996) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちゅうごく‐しんぶん【中国新聞】

中国新聞社が発行する日刊ブロック紙。明治25年(1892)に広島で創刊。主に広島県内で読まれるが、岡山・島根・山口などでも購読されている。朝刊発行部数は約61万部(2016年下期平均)。
[補説]中国新聞の部数の推移
2010年…67万部
2011年…65万部
2012年…64万部
2013年…64万部
2014年…63万部
2015年…61万部
2016年…61万部
(各年の下期平均部数)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

中国新聞【ちゅうごくしんぶん】

中国新聞社発行。本社広島市。1892年《中国》として創刊され,5000号に達した1908年現名に改題。1941年《山陽日日新聞》を併合原爆惨害を受けたが発行を継続。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

中国新聞

株式会社中国新聞社が発行する新聞。主な販売地域は広島県、島根県鳥取県、岡山県、山口県。1982年創刊。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうごくしんぶん【中国新聞】

広島県を中心に中国・瀬戸内海地方を読者圏にもつ有力日刊地方紙。1892年長屋謙二と山本三朗が共同で《中国》を創刊し,1908年5000号に達した機会に《中国新聞》と改題した。1898年共同創立者の山本三朗が社長となって以来,山本家が支配権をもっている。1941年戦時新聞統合により広島県の代表的な新聞となった。45年8月原爆により社屋は全壊したが,10月には復興した。原爆被災地の新聞として原爆報道に力を入れ,特集記事〈ヒロシマ二十年〉を頂点とする原爆関係報道(1965年度新聞協会賞)や連載企画〈〈世界のヒバクシャ〉〉(1990年度新聞協会賞),また地域社会に密着した地方紙として〈暴力追放キャンペーン〉(1964年度菊池寛賞)を行うなど,優れた紙面活動で知られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中国新聞
ちゅうごくしんぶん

中国新聞社が広島県を中心に発行している中国地方の有力日刊紙。本社は広島市。1892年(明治25)長屋謙二、山本三郎が創刊した『中国』に始まる。のち、長屋が退き、山本が社長に就任、以後、ほとんど山本家から社長が出ている。1908年(明治41)5000号から『中国新聞』と改題。1941年(昭和16)『呉(くれ)新聞』『芸備日日新聞』などを合併、県下の代表的日刊紙となった。1945年(昭和20)8月6日、原爆によって社屋、諸設備が被災、多数の殉職者を出したが、終戦後すぐに復興。世界平和の確立、地方文化の高揚などを社是とし、暴力追放キャンペーン、原爆関係報道などの紙面活動で注目をひいている。広島県での販売部数は他紙を圧倒している。発行部数は朝刊約64万7500部、夕刊約4万部(2011年2月)。[高須正郎・伊藤高史]
『中国新聞社編・刊『中国新聞百年史』(1992)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

中国新聞の関連キーワードちゅーピーパーク災害取材での事故広島東洋カープサファリパーク加藤新一(2)藤井 猪勢治木口 九峰中川 俊思金井 利博山本 正房藤井猪勢治安達 生恒加藤 新一山道 襄一ちゅーピー山本 三朗山本 実一緑川洋一山本実一新民晩報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中国新聞の関連情報