コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中国法 ちゅうごくほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中国法
ちゅうごくほう

中国で行われる法体系。フランス語ドイツ語では,法と権利とが同じ言葉で表現されるように,ヨーロッパでの法は権利の概念を中心に発達してきたが,中国での「法」 faは権利ではなく,刑罰中核にして発達した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうごくほう【中国法】

数千年の古い歴史をもつ中国の法制は,刑法たる律を中心とし,社会とともに変遷してきたので,その経過の大体をとくに政治経済と関連せしめて叙述したい。対象は近代以前に限る。まずどこまでさかのぼるかの問題であるが,中国の古代に氏族制度が行われたことはほぼ疑いないので,中国最古の法制は氏族法であったに違いないと思われ,その遺制が歴代を通じて清朝末期まで続いたものがある。それは婚姻法と相続法の上に強く残り,同姓の間では,たとえ起源の異なる姓であることがわかっていても婚を通じないこと,また祖先祭祀の相続権は男系に限られて養子を認めないことが,長く中国慣習の特色となってきた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

中国法の関連キーワードデービッド ウェイ法(社会規範)大乗法苑義林章田能村 秋皐明律国字解寧楽美術館仁井田 陞ウィグモア修訂法律館良賤不婚制中国婚姻法消費者契約仁井田陞法の継受九朝律考滋賀秀三唐令拾遺改定律例蒙古律例黎朝刑律

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中国法の関連情報