コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中城ふみ子 なかじょう ふみこ

2件 の用語解説(中城ふみ子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中城ふみ子 なかじょう-ふみこ

1922-1954 昭和時代後期の歌人。
大正11年11月25日生まれ。東京家政学院在学中に池田亀鑑(きかん)に師事する。乳癌(にゅうがん)の再手術で入院中の昭和29年4月「短歌研究」第1回50首詠に応募していた「乳房喪失」が1位に入選。歌集になった直後の8月3日死去。31歳。翌年歌集「花の原型」が刊行された。北海道出身。本名は野江富美子。
【格言など】失ひしわれの乳房に似し丘あり冬は枯れたる花が飾らむ(「乳房喪失」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中城ふみ子
なかじょうふみこ
(1922―1954)

歌人。北海道帯広市の出身。東京家政学園卒業。本名野江富美子。乳癌(にゅうがん)のため1954年(昭和29)札幌医大に入院。入院中『短歌研究』の第1回五十首詠に応募し、『乳房喪失』が入選。奔放な生への情熱と、非情な自己客観が騒然たる反響をよび、のち渡辺淳一によって小説化された。入選4か月後、31歳で永眠。帯広に歌碑がある。[菱川善夫]
 音たかく夜空に花火うち開きわれは隈(くま)なく奪はれてゐる
『『現代歌人文庫4 中城ふみ子歌集』(1981・国文社) ▽菱川善夫著『鑑賞中城ふみ子の秀歌』(1977・短歌新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中城ふみ子の関連キーワード石川きぬ子石田マツ大井道夫大坪草二郎小野茂樹賀田秀蔭河野愛子佐竹弥生高橋正翁山本成雄

中城ふみ子の関連情報