コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田亀鑑 いけだきかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

池田亀鑑
いけだきかん

[生]1896.12.9. 鳥取
[没]1956.12.19. 東京
国文学者。 1926年東京大学卒業。東京大学教授。文学博士。平安朝文学,特に『源氏物語』の文献的研究に優れた業績を残した。『宮廷女流日記文学』 (1927) ,『古典の批判的処置に関する研究』 (1941) ,『源氏物語大成』 (1953~56) など著書多数。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いけだ‐きかん【池田亀鑑】

[1896~1956]国文学者。鳥取の生まれ。東大教授。平安文学、特に源氏物語の文献学的研究に業績がある。著「源氏物語大成」「伊勢物語に就きての研究」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田亀鑑 いけだ-きかん

1896-1956 昭和時代の国文学者。
明治29年12月9日生まれ。平安朝文学,とくに「源氏物語」の研究に業績をあげ,古典文献学の方法と理論を確立した。昭和30年母校東大の教授。池田芙蓉などの筆名で少年少女小説もかいた。昭和31年12月19日死去。60歳。鳥取県出身。著作に「古典の批判的処置に関する研究」「源氏物語大成」,小説に「馬賊の唄」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いけだきかん【池田亀鑑】

1896‐1956(明治29‐昭和31)
国文学者。鳥取県に生まれる。東京高師を経て東大国文学科を卒業。東大教授在任中病没した。専攻は平安朝文学。古典文献学の方法と理論を確立して近代国文学研究史に画期的な役割を果たした。《宮廷女流日記文学》(1927),《伊勢物語に就きての研究》2冊(1933,34),《古典の批判的処置に関する研究》(1941)ほか多数の著書があるが,なかんずく《源氏物語》の諸本を精査して藤原定家の青表紙原本の復元をめざした《源氏物語大成》(1953‐56)は現在の《源氏》研究の基礎となっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いけだきかん【池田亀鑑】

1896~1956) 国文学者。鳥取県生まれ。東大教授。中古文学、特に源氏物語の権威で、日本文献学を確立。著「宮廷女流日記文学」「伊勢物語に就きての研究」「古典の批判的処置に関する研究」「源氏物語大成」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

池田亀鑑
いけだきかん
(1896―1956)

国文学者。鳥取県生まれ。東京高等師範学校を経て東京帝国大学国文学科卒業。のち東大教授。文学博士。平安期文学、とくに『源氏物語』研究の権威。古典文献学の理論と実作業によって学界の指導的地位にあった。『伊勢(いせ)物語に就きての研究』2冊(1935、1936)、『古典の批判的処置に関する研究』3冊(1941)、『源氏物語大成』8冊(1953~1956)、『平安時代の生活と文学』(1965)、『池田亀鑑選集』4冊(1968)など、多数の著述がある。[秋山 虔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

池田亀鑑の関連キーワード中城 ふみ子弁内侍日記池田 亀鑑日本文献学中城ふみ子長野 甞一浜 梨花枝おしろい長野甞一昭和時代物語文学土佐日記古筆学枕草子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android