コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山家 なかやまけ

3件 の用語解説(中山家の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中山家
なかやまけ

藤原北家,師実の孫忠親を祖とする。花山院家の支流。羽林家 (うりんけ) の一つ。極官は権大納言江戸時代にいたり,愛親 (なるちか) は尊号一件にあたって,勅使として江戸に下り,松平定信と会見した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

なかやまけ【中山家】

藤原氏北家花山院の流れ。花山院家忠の男忠宗の三男忠親(ただちか)を家祖とする。羽林家の一つで,世々将官を経て,大納言にいたるのを例とした。江戸時代には家禄200石を給されたが,愛親(なるちか)は光格天皇が生父典仁親王太上天皇の尊号を奉ろうとした,いわゆる尊号一件に座して閉門に処せられたが,その女績子は仁孝,孝明,明治の3天皇に典侍として仕え,正三位に叙せられた。幕末の忠能(ただやす)は議奏,国事御用掛等を務め,維新後は神祇官知事,宣教長官等を歴任し,また明宮(大正天皇)の養育掛となり,従一位,准大臣に昇った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中山家
なかやまけ

平安後期以来の公卿(くぎょう)の家。藤原北家(ほっけ)に属し、院政期に活躍した関白藤原師実(もろざね)の二男左大臣花山院家忠(かざんいんいえただ)を祖とする花山院家の分流にあたる。羽林(うりん)家の一つ。家忠の子権中納言(ごんちゅうなごん)忠宗(ただむね)の二男内大臣中山忠親(ただちか)を祖とし、忠親の子孫は大納言を極官(ごっかん)として維新に至る。江戸時代幕府より200石の領地を与えられた。子孫の忠能(ただやす)は明治天皇の外祖父として王政復古に尽力し、維新後は議定(ぎじょう)、輔弼(ほひつ)、神祇官(じんぎかん)知事、神祇伯などを務めた。また忠能七男忠光(ただみつ)も尊王攘夷派(そんのうじょういは)廷臣として活動し、1863年(文久3)天誅組(てんちゅうぐみ)を率いて大和国(やまとのくに)五條(ごじょう)(奈良県五條市)の幕府代官所を襲って討幕の兵をあげたが、幕府側の討伐軍のために敗れ、翌年逃亡先の長門国(ながとのくに)(山口県)で暗殺された。[上野秀治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中山家の関連キーワード花山院定熙花山院家厚花山院家清華家花山院家定花山院家輔花山院家忠花山院家教花山院家雅花山院兼子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone