コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山川 ナカヤマガワ

2件 の用語解説(中山川の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なかやま‐がわ〔‐がは〕【中山川】

愛媛県中西部を流れる川。肱(ひじ)川水系の一。伊予市中山町の階上(はじかみ)山(標高899メートル)に源を発して南流し、喜多郡内子(うちこ)町で肱川支流の小田川と合流する。長さ25キロ。流域はタバコ栽培地。ほかに柑橘(かんきつ)類・クリ(中山栗)の生産がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中山川
なかやまがわ

愛媛県中西部を流れる肱(ひじ)川水系の川。伊予市中山町の階上(はしかみ)山(899メートル)に発して南流し、喜多(きた)郡内子(うちこ)町市街地で小田川(肱川支流)と合流する。延長24.7キロメートル。中央構造線以南の山地は南に傾く大規模な傾動地塊で、この地域の河系は梨棚(なしだな)式に発達し、北から南への複雑な必縦谷(ひつじゅうこく)をなす。中山川も壮年期の河谷で、谷底平野が狭い。しかし三波川(さんばがわ)変成岩の風化土壌は肥沃(ひよく)で、タバコ、柑橘(かんきつ)類、クリの栽培が盛んである。[深石一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の中山川の言及

【丹原[町]】より

…人口1万3978(1995)。北東に流れて燧(ひうち)灘に注ぐ中山川の上・中流域に位置し,町域北東部には低地が,北西部から南部には山地が広がる。中心集落の丹原は,中山川上流域の林産物集散地として松山藩が江戸前期に設置した在郷町で,一時期藩の代官所もあった。…

※「中山川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中山川の関連情報