コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山貝塚 なかやまかいづか

世界大百科事典 第2版の解説

なかやまかいづか【中山貝塚】

広島市東区中山東にある縄文時代後期・晩期から弥生時代前期・中期におよぶ遺跡。広島湾北東奥の沖積地をのぞむ標高約10mの丘陵端部に位置する。ハマグリ,カキなどを主体とする貝塚で,貝層は東西30m,南北80mにわたって分布し,末端部は遺物包含層として平地に連続する。広島地方の弥生前期遺跡として古くから知られるが,1958年,59年の調査によって,縄文晩期(中山B式)から弥生前期(中山I・II式),弥生中期(中山III・IV式)の土器を出土する遺跡であることが明らかになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

中山貝塚の関連キーワード広島(県)

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android