コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中川根 なかかわね

2件 の用語解説(中川根の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中川根
なかかわね

静岡県中部,川根本町南部の旧町域。大井川の中流域に位置する。 1962年町制。 2005年本川根町と合体して川根本町となった。大部分が赤石山脈南部の山地で,集落は河岸段丘上に立地する。上質の川根茶の産地で,シイタケを多産。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中川根
なかかわね

静岡県中部、榛原(はいばら)郡にあった旧町名(中川根町(ちょう))。現在は川根本(かわねほん)町の南部を占める一地区。旧中川根町は1962年(昭和37)町制施行。2005年(平成17)本川根(ほんかわね)町と合併し川根本町となった。旧町域は赤石(あかいし)山脈の前山地域で、1000メートル級の山々がそびえる。中央部を大井川が貫流し、町を二分する。国道362号、473号が通じる。約90%が山林で、スギ、ヒノキの産地として有名。また、川根茶は良質茶として知られる。川沿いに大井川鉄道大井川本線が通じ、段丘上の集落を結び付ける。SLブームと渓谷美で観光客が多い。北部の山岳地帯は奥大井県立自然公園に含まれている。「徳山の盆踊」は国指定重要無形民俗文化財。[川崎文昭]
『『中川根町史』3冊(1975、2004~2005・中川根町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中川根の関連キーワードSL資料館静岡県榛原郡川根本町犬間静岡県榛原郡川根本町静岡県榛原郡川根本町下泉静岡県榛原郡川根本町千頭静岡県榛原郡川根本町田代中川根〈町〉静岡県榛原郡本川根〈町〉静岡県榛原郡川根本町水川

中川根の関連情報