中川根(読み)なかかわね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中川根
なかかわね

静岡県中部,川根本町南部の旧町域。大井川の中流域に位置する。 1962年町制。 2005年本川根町と合体して川根本町となった。大部分が赤石山脈南部の山地で,集落は河岸段丘上に立地する。上質の川根茶の産地で,シイタケを多産。林業も盛んで,スギ,ヒノキを産出する。製茶,木材,計器などの中小工場も進出。徳山の盆踊は国指定重要無形民俗文化財。一部は奥大井県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中川根
なかかわね

静岡県中部、榛原(はいばら)郡にあった旧町名(中川根町(ちょう))。現在は川根本(かわねほん)町の南部を占める一地区。旧中川根町は1962年(昭和37)町制施行。2005年(平成17)本川根(ほんかわね)町と合併し川根本町となった。旧町域は赤石(あかいし)山脈の前山地域で、1000メートル級の山々がそびえる。中央部を大井川が貫流し、町を二分する。国道362号、473号が通じる。約90%が山林で、スギ、ヒノキの産地として有名。また、川根茶は良質茶として知られる。川沿いに大井川鉄道大井川本線が通じ、段丘上の集落を結び付ける。SLブームと渓谷美で観光客が多い。北部の山岳地帯は奥大井県立自然公園に含まれている。「徳山の盆踊」は国指定重要無形民俗文化財。[川崎文昭]
『『中川根町史』3冊(1975、2004~2005・中川根町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android