コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中川根 なかかわね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中川根
なかかわね

静岡県中部,川根本町南部の旧町域。大井川の中流域に位置する。 1962年町制。 2005年本川根町と合体して川根本町となった。大部分が赤石山脈南部の山地で,集落は河岸段丘上に立地する。上質の川根茶の産地で,シイタケを多産。林業も盛んで,スギ,ヒノキを産出する。製茶,木材,計器などの中小工場も進出。徳山の盆踊は国指定重要無形民俗文化財。一部は奥大井県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中川根
なかかわね

静岡県中部、榛原(はいばら)郡にあった旧町名(中川根町(ちょう))。現在は川根本(かわねほん)町の南部を占める一地区。旧中川根町は1962年(昭和37)町制施行。2005年(平成17)本川根(ほんかわね)町と合併し川根本町となった。旧町域は赤石(あかいし)山脈の前山地域で、1000メートル級の山々がそびえる。中央部を大井川が貫流し、町を二分する。国道362号、473号が通じる。約90%が山林で、スギ、ヒノキの産地として有名。また、川根茶は良質茶として知られる。川沿いに大井川鉄道大井川本線が通じ、段丘上の集落を結び付ける。SLブームと渓谷美で観光客が多い。北部の山岳地帯は奥大井県立自然公園に含まれている。「徳山の盆踊」は国指定重要無形民俗文化財。[川崎文昭]
『『中川根町史』3冊(1975、2004~2005・中川根町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

中川根の関連キーワード静岡県榛原郡川根本町下泉静岡県榛原郡川根本町エコミュージアム川根本[町]川根本(町)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中川根の関連情報