コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本川根 ほんかわね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本川根
ほんかわね

静岡県中部,川根本町中・北部を占める旧町域。大井川上流域にあり,北西で長野県に接する。 1956年上川根村と東川根村が合体して町制。 2005年中川根町と合体して川根本町となった。赤石山脈に属する高峻な山に囲まれ,大部分は山林。林業が主で,茶,シイタケも産する。中心集落の千頭 (せんず) は河岸段丘上に位置し,土地が狭いため対岸の小長井に住宅,商店が増えている。スギ,ツガ,ブナなどの木材集散地。長島ダム,寸又峡接阻峡の景勝地,温泉があり,奥大井県立自然公園の観光基地。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本川根
ほんかわね

静岡県北西部、榛原(はいばら)郡にあった旧町名(本川根町(ちょう))。現在は川根本(かわねほん)町の北部を占める。旧本川根町は1956年(昭和31)東川根と上川根の2村が合併して町制施行。2005年(平成17)中川根(なかかわね)町と合併して川根本町となった。旧町域は大井川とその支流寸又川(すまたがわ)に沿う山間地。北は長野県に接し、赤石山脈(あかいしさんみゃく)が前山地帯に移る地で、南アルプス国立公園の一部をなす。大井川鉄道、国道362号が通じる。耕地は全面積の0.7%にすぎず、97%が山林である。林業を主産業とし、かつて焼畑であった斜面に茶を栽培し、日照時間の短さ、川霧の発生などの気候条件は、良質な川根茶を生み、その名を高めている。大井川、寸又川のつくる深い谷や蛇行は接岨峡(せっそきょう)、寸又峡の渓谷美を形成、また自然美とともに温泉が楽しめる。南アルプスの登山基地でもあり、蒸気機関車の全線運転や日本で唯一のアプト式鉄道など、地方鉄道の特色が生かされて観光客も増加している。[川崎文昭]
『『本川根町史』全10巻(1980~2005・本川根町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

本川根の関連キーワード静岡県榛原郡川根本町小野田 五郎兵衛エコミュージアム中川根[町]川根本[町]川根本(町)川根茶

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android