コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中御門家 なかみかどけ

3件 の用語解説(中御門家の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中御門家
なかみかどけ

(1) 藤原北家勧修寺流 鎌倉時代後期,経継が称したのに始る。南北朝時代は経宣,宣明,宣方と北朝に仕え,室町時代には高位を得る者多く,宣胤は『宣胤卿記』を残している。江戸時代は家禄 200石。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

なかみかどけ【中御門家】

(1)藤原氏北家の流れ。家格は羽林家。右大臣藤原頼宗の孫にあたる権大納言宗俊(1046‐97)を祖とし,その子藤原宗忠中御門に居を構えたのにちなんで家号とした。宗忠の日記《中右記》は,中御門右大臣記の略である。宗忠の弟宗輔,その子伊通(これみち)は太政大臣に,また宗忠の子宗能は内大臣に補任されるなど,院政期に相次いで顕要の職を占めた。その後,鎌倉・室町時代は大納言を先途とし,室町時代の権中納言宗宣のとき以来松木を号した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中御門家
なかみかどけ

藤原氏北家(ほっけ)勧修寺(かじゅうじ)流の公家(くげ)。家格は権大納言(ごんだいなごん)を極官(ごっかん)とする名家。勧修寺資経(すけつね)の子坊城経俊(ぼうじょうつねとし)の四男経継(つねつぐ)が鎌倉後期に中御門と号したのを祖とする。代々天皇の側近として仕え、とくに室町時代の明豊(あきとよ)、宣胤(のぶたね)、宣秀(のぶひで)は学殖も深く、衰微した朝廷にあって故実典礼(こじつてんれい)を守った。江戸時代の知行高(ちぎょうだか)は200石、また尚良(ひさよし)の二男宣持(のぶもち)は分家して岡崎家をおこした。江戸中・末期は若死にする者が多く、他家から養嗣子(ようしし)を迎えた。幕末の経之(つねゆき)は明治維新に功をたて、維新後、華族に列し家格により子の経明(つねあき)が伯爵となったが、経之の功により1888年(明治21)侯爵を授けられた。また経之の三男隆家(たかいえ)は分家して男爵を授けられた。なお、関白道長(みちなが)の二男頼宗(よりむね)の子孫が、一時中御門を称したが、のちに松木と称して今日に至った家もある。[飯倉晴武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中御門家の言及

【巷所】より

…これまで巷所を禁止する立場にあった京職が巷所の本所となってその存在を保証したのである。右京では右京職(中御門家)が,左京では左京職(坊城家)がそれぞれ巷所の本所となっている。これらの巷所を地域的にみると,右京や左京南部の巷所は土地が低湿であったため,田畠や藺(い)田として利用される場合が多い。…

※「中御門家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中御門家の関連キーワード飛鳥井家羽林家四条家持明院家清華家葉室家広橋家北家園家松木家

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone