中村登(読み)ナカムラノボル

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村登 なかむら-のぼる

1913-1981 昭和時代の映画監督。
大正2年8月4日生まれ。榎本破笠(えのもと-はりゅう)の次男。昭和11年松竹大船撮影所にはいり,斎藤寅次郎(とらじろう)や島津保次郎らの助監督をつとめる。16年「結婚の理想」で監督デビュー。喜劇「集金旅行」や「古都」「紀ノ川」「智恵子抄」などの文芸ものをつくった。昭和56年5月20日死去。67歳。東京出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android