コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村登 ナカムラノボル

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村登 なかむら-のぼる

1913-1981 昭和時代の映画監督。
大正2年8月4日生まれ。榎本破笠(えのもと-はりゅう)の次男。昭和11年松竹大船撮影所にはいり,斎藤寅次郎(とらじろう)や島津保次郎らの助監督をつとめる。16年「結婚の理想」で監督デビュー。喜劇「集金旅行」や「古都」「紀ノ川」「智恵子抄」などの文芸ものをつくった。昭和56年5月20日死去。67歳。東京出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中村登の関連キーワードアメリカムシクイいろはにほへとムクドリモドキキノボリモドキわが恋わが歌ゴジュウカラコメクイドリ我が家は楽しシジュウカラハシブトガラマキバドリモズモドキ番匠 義彰ツリスガラツリスドリ梅雨の後先松竹(株)ミツスイキノボリヤマガラ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android