コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村白葉 なかむらはくよう

6件 の用語解説(中村白葉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中村白葉
なかむらはくよう

[生]1890.11.23.
[没]1974.8.12.
ロシア文学者。本名,長三郎。 1912年東京外国語学校露文科卒業。鉄道院に就職したが,一貫してロシア文学の研究に専心,15年新潮社からドストエフスキーの『罪と罰』の翻訳を出版した。これはロシア語原書からの初めての訳であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なかむら‐はくよう〔‐ハクエフ〕【中村白葉】

[1890~1974]ロシア文学者。兵庫の生まれ。本名、長三郎。東京外語学校卒。在学中に「露西亜文学」を創刊。ドストエフスキーの「罪と罰」を初めて原典から翻訳したほか、チェーホフトルストイなど、数多くのロシア文学を翻訳した。芸術院賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村白葉 なかむら-はくよう

1890-1974 大正-昭和時代のロシア文学者。
明治23年11月23日生まれ。中村融(とおる)の義父。東京外国語学校(現東京外大)在学中に米川正夫らと「露西亜(ロシア)文学」を創刊する。「チェーホフ全集」「トルストイ全集」などおおくの作品を翻訳。昭和42年ソ連名誉勲章。48年芸術院賞。昭和49年8月12日死去。83歳。兵庫県出身。本名は長三郎。
【格言など】人生を愛し人生になやみ苦しみつつも/八十三年の人生を味わい深く生きたりと/自負する男ここに眠る(墓碑銘)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

なかむらはくよう【中村白葉】

1890‐1974(明治23‐昭和49)
ロシア文学者。兵庫県生れ。本名長三郎。ロシア文学研究を志して東京外国語学校(現,東京外国語大学)露語科に入学し,在学中から米川正夫らと雑誌《露西亜文学》を創刊したほどの打ちこみようであった。以後主として19世紀ロシア文学の翻訳・紹介につとめた。1918年ドストエフスキーの《罪と罰》を日本で初めてロシア語から翻訳し,29‐31年米川正夫らと共訳で原典からの《トルストイ全集》を完成した。73年芸術院賞を受けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なかむらはくよう【中村白葉】

1890~1974) ロシア文学者。兵庫県生まれ。東京外語学校卒。「露西亜文学」を発刊。「罪と罰」を初めて原典から翻訳、以後チェーホフ・トルストイなどを翻訳した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中村白葉
なかむらはくよう
(1890―1974)

ロシア文学者。兵庫県の生まれ。本名長三郎。東京外国語学校(現東京外国語大学)露語科卒業。在学中から米川(よねかわ)正夫らと同人誌『露西亜(ロシア)文学』を創刊。以後主として19世紀ロシア文学の翻訳、紹介に努めた。『チェーホフ全集』全18巻(1934~36)、『トルストイ全集』全18巻(1959~69)が代表的訳業。随筆集『ここまで生きてきて・私の八十年』がある。日本ロシヤ文学会会長。1973年(昭和48)芸術院賞受賞。[江川 卓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中村白葉の関連キーワード浜本浩荒谷宗治神林浩鶴田吾郎寺崎浩根岸博野村博橋本寛敏聖園テレジア嶺田弘

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中村白葉の関連情報