コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中間雑種 ちゅうかんざっしゅintermediate hybrid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中間雑種
ちゅうかんざっしゅ
intermediate hybrid

オシロイバナの花色や蚕の体色の遺伝で知られているように,雑種第1代が両親の中間形質を示すような雑種をいう。すなわちメンデルの優性法則に完全には従わない形質について雑種で,劣性遺伝子に作用を及ぼすための現象である。このような優性を不完全優性という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちゅうかん‐ざっしゅ【中間雑種】

両親の形質の中間を示す雑種。対立遺伝子優劣のないときに現れる。オシロイバナで、赤い花と白い花との第一代雑種が桃色となるなど。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

中間雑種【ちゅうかんざっしゅ】

雑種

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ちゅうかんざっしゅ【中間雑種】

中間遺伝を示す雑種。オシロイバナの白色花と赤色花との雑種第一代が淡紅色となる類。間性雑種。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中間雑種
ちゅうかんざっしゅ

異なる性質の両親の間の雑種が、その性質について両親のどれとも異なり、中間的な性質を示すものをいう。その性質を支配する遺伝子の優性作用が不十分で、ヘテロ型が両方の遺伝子の性質を現す不完全優性によるためである。オシロイバナの花色について赤色と白色の両親の間の第一代雑種(F1)が両親の中間の桃色の花となる例や、カイコの体に黒い縞(しま)のある黒縞蚕(くろじまこ)と、白色の姫蚕(ひめこ)の交配のF1では、縞の色が灰色になる例などがある。中間雑種は、一対の対立遺伝子による形質であることが明らかな場合についていうもので、多くの遺伝子が関係している量的形質の場合には適用されない。[井山審也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

中間雑種の関連キーワードハボタン(葉牡丹)中間遺伝量的遺伝

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android