コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

優性 ゆうせい dominance

翻訳|dominance

6件 の用語解説(優性の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

優性
ゆうせい
dominance

劣性に対する語で,一時は両者に対し顕性・潜性の試訳も用いられた。対立形質をもつ両親間の交配によって生じる雑種第1代 ( F1 ) に現れる形質を,他の形質に対して優性であるという。これを記号化する際は,優性形質を発現させる優性遺伝子アルファベット大文字で表わし,これに対立する劣性遺伝子小文字で表わす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゆう‐せい〔イウ‐〕【優性】

対立形質をもつ両親の交配により、雑種第一代に現れる形質。顕性。⇔劣性

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

優性【ゆうせい】

雑種

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうせい【優性 dominant】

高等生物の体細胞は二倍体で1対の相同な染色体をもつので,その表現型は相同染色体上の対立遺伝子群の相互作用によって決定される。今ある一つの形質(例えば花の色)を支配する対立遺伝子についてヘテロ(異型)な個体において,対立遺伝子のうちの一方の遺伝子によって支配される形質だけが発現するとき,その形質および遺伝子は他方のそれに対して優性であるという。またこのとき優性形質によって覆いかくされて現れない形質および遺伝子を劣性という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ゆうせい【優性】

雑種第一代で、両親のもつ対立形質・遺伝子のうち、発現する方をいう。顕性。 ↔ 劣性

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

優性
ゆうせい
dominant

生物の1組の対立形質について、ヘテロ(異型)の遺伝子型をもつ個体で、形質として現れる性質、またはその遺伝子を優性という。これに対して、形質としては現れない性質、またはその遺伝子を劣性という。この語は遺伝の法則の発見者メンデルが、エンドウの種子や莢(さや)の形、色など互いに異なる7組の対立形質のなかのいずれか1組の対立形質をもつ両親の交配実験で生じた雑種第一代で発現される形質を優性、隠されて発現されない形質を劣性と名づけたのが最初である。優性の形質は、劣性の形質よりもその生物にとって有利あるいは優れているとはいえない。優性の形質の現れ方に応じて完全優性、不完全優性、条件優性などがある。
 ヒトでは、手足の指の奇形が優性遺伝をする。手の親指以外の4指の第2節が短くなる定型的短指や、人差し指や足の中指の短指症なども優性形質として知られている。そのほか、強直性筋ジストロフィー(筋が最大収縮したあとで急速に弛緩(しかん)できなくなる。さらに知能低下などをおこす)や網膜芽細胞腫(しゅ)(3歳くらいまでの子供の網膜にできる腫瘍(しゅよう)。自然に治癒することもあるが、多くは白色瞳孔(どうこう)や斜視、視力不良などをおこし、失明することもある)、無眼球症、無紅彩病なども常染色体性の優性遺伝子によっておきる。[黒田行昭]
『駒井卓著『人類の遺伝学』(1966・培風館) ▽中野英一他著『公衆衛生学』(1990・理工学社) ▽井出利憲著『ヒト細胞の老化と不死化』(1994・羊土社) ▽黒田行昭編著『21世紀への遺伝学1 基礎遺伝学』(1995・裳華房) ▽五条堀孝著『人間は生命を創れるか――進化学のあゆみと未来』(1995・丸善)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の優性の言及

【遺伝】より

IAIBの間には優劣がないため,ヘテロ接合体IAIBの血液型はA型とB型の両方の特徴をもち,AB型となる。このように対立遺伝子の働きに優劣がない場合を共優性codominantという。一方,IAIBiに対し優性dominantであり,逆にiIAIBに対し劣性recessiveであるので,二つのヘテロ接合体IAiIBiの表現型はそれぞれA型とB型になる。…

【遺伝】より

IAIBの間には優劣がないため,ヘテロ接合体IAIBの血液型はA型とB型の両方の特徴をもち,AB型となる。このように対立遺伝子の働きに優劣がない場合を共優性codominantという。一方,IAIBiに対し優性dominantであり,逆にiIAIBに対し劣性recessiveであるので,二つのヘテロ接合体IAiIBiの表現型はそれぞれA型とB型になる。…

※「優性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

優性の関連キーワード核型ゲノム三倍体真核生物体細胞体細胞分裂二倍体倍数体体細胞雑種ハクラン(白藍)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

優性の関連情報