主任制度(読み)しゅにんせいど

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

主任制度
しゅにんせいど

学校経営を進めるうえで、教育活動が円滑かつ効果的に展開されるために導入された校内組織運営の制度。日本の学校では、明治30年代以降、学校運営上の必要性から、教務主任・学年主任等の主任が、自然発生的に設置されてきた。それが1975年(昭和50)に学校教育法施行規則の一部改正によって制度化された。それにより、学校運営の充実と能率化を目ざし、さまざまな名称の主任のうち「全国的に共通した基本的なもの」(教務主任・学年主任等)について、設置と職務内容が明確にされた。ねらいは、「調和のとれた学校運営が行われるためにふさわしい校務分掌の仕組みを整える」ことである。なお、主任は管理職である校長・教頭と異なり、ほかの教諭に対し職務命令を発する等の指揮監督権をもつものではない。
 制度化以来35年以上を経た今日、学校経営における実質的な推進役でスクール・リーダーの一翼を担うべき主任に求められる役割は、分掌部門の(1)企画・立案 (2)連絡・調整 (3)指導・助言等があげられる。
 しかし、主任が監督権限をもたない、「職」として設置されていない等の機能的な問題点を踏まえて、2007年(平成19)に、主幹教諭(校長・教頭を助け、校務の一部を整理し、児童や生徒の教育につかさどる)が導入された。都道府県によっては、主任と主幹教諭を兼任するところも存在し、主任の役割がよりミドル・リーダーとしての存在になるなど大きく様相が変化している。また、ミドル・リーダーとしての職務・役割の重要性が増すに伴い、給与措置のあり方をどうすべきかが今後の課題となる。[田中真秀・浜田博文]
『高倉翔・高桑康雄・牧昌見著『現代学校経営用語辞典』(1980・第一法規出版株式会社) ▽牧昌見著『学校経営の基礎・基本』新装版(2006・教育開発研究所)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android