コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主婦の友 しゅふのとも

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

主婦の友
しゅふのとも

1917年2月 14日に創刊された月刊の家庭婦人向け雑誌。創刊者は石川武美で中流の主婦を対象にして,家計や料理や育児などの実用記事を中心に編集したもの。いわゆる良妻賢母主義で,保守的であった第2次世界大戦前の主婦の圧倒的な支持を集めた。戦時中軍国主義に傾斜し,戦後も女性週刊誌の登場までは講談社の『婦人倶楽部』などとともに4大婦人雑誌の頂点を占めていた。 93年1月に婦人雑誌から生活情報雑誌へと大きく変身した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

主婦の友【しゅふのとも】

主婦の友社(1916年,石川武美が東京家政研究会の名称で創立し,1921年主婦之友社と改称)発行の女性雑誌。1917年創刊。一般家庭婦人を対象として広範囲な実用記事に重点を置く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

主婦の友

株式会社主婦の友社が発行していた生活実用情報誌。1917年(大正6)創刊。おもに主婦向けに生活情報を紹介。2008年5月で休刊。2014年11月、同社創業プレ100周年(1916年創業)を記念してムック本「主婦の友Deluxe」を発売。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅふのとも【主婦の友】

1917年3月石川武美が創刊した女性雑誌。主婦の友社発行。53年までは《主婦之友》と記した。創刊以来,中流階級の主婦層に支持されて着実に発展し,日本の代表的な主婦向け雑誌として現在に至る。修養記事と家事実用記事・娯楽記事を併せもつ誌面構成は,その後の日本の主婦雑誌の原型となった。大正期には家事の合理化推進,戦時中には軍国主義的な国策協力,戦後には民主的家庭づくりといったぐあいに,つねに時流に敏感に反応することによって,大部の発行部数を維持してきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

主婦の友
しゅふのとも

主婦の友社発行の女性月刊誌。1917年(大正6)3月石川武美(たけよし)(1887―1961)が創刊。1953年(昭和28)12月号まで『主婦之友』。当初から家庭生活に密着した実用本位の記事による家庭誌として人気を集める。創刊翌年1月号で別冊付録の先鞭(せんべん)をつけ、1930年代に激しさを加えた付録合戦でも終始主導権を握った。1956年3月号からB5判に大型化、さらに1988年1月号からはA4変型判になった。2008年(平成20)5月休刊。同誌の調査では読者の95%が既婚女性であった。[岡 満男・田村紀雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の主婦の友の言及

【女性雑誌】より

…とくに《婦人公論》は,第2次世界大戦前から戦後にかけて,女性をめぐる諸問題の論争に舞台を提供してきたが,1960年代に性格を変え,これに代わって,評論機能をになっているのは,70年代初頭のウーマン・リブ運動に触発された群小のミニコミ誌である。 第2の系譜は,いわゆる〈婦人雑誌〉を含む主婦向けの生活実用雑誌で,1917年主婦の友社が創刊した《主婦之友》,20年に講談社から発刊された《婦人俱楽部》の2誌を主軸にして,長いあいだ女性雑誌界の主流をなしてきた。その特色は,家庭生活の全ジャンルを網羅する実用主義にあった。…

※「主婦の友」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

主婦の友の関連キーワードロト・ナンバーズ「超」的中法NHK英語でしゃべらナイトPLUS1 LIVING大人で可愛いナチュラル服Hana* chu→はじめての家づくり毎日のおかずレシピ赤ちゃんが欲しいBon ChicBaby声優グランプリヒーロー文庫PreGISELe雑貨カタログ小橋 三四子園芸ガイド生田 蝶介石川 武美成簣堂文庫

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

主婦の友の関連情報