久保寺 逸彦(読み)クボデラ イツヒコ

20世紀日本人名事典の解説

久保寺 逸彦
クボデラ イツヒコ

昭和期の民族学者,アイヌ文学者 東京学芸大学名誉教授。



生年
明治35(1902)年9月10日

没年
昭和46(1971)年11月5日

出生地
北海道網走市

学歴〔年〕
国学院大学文学部国文学科〔大正14年〕卒

学位〔年〕
文学博士〔昭和35年〕

経歴
東京府立七中、東京第二師範学校、東京学芸大学教授を経て、昭和41年駒沢大学教授となった。「アイヌ叙事詩神謡・聖伝の研究」など、アイヌ文学・カムイ・ユーカラ(神謡)の研究、アイヌの宗教儀礼の研究などに大きな業績を残した。昭和9〜11年エカシ(長老)らの協力を得て北海道、樺太の各地で行ったアイヌ語とアイヌ文学の録音はアイヌ語の記録としては最古、最大のものとされる。著書に「アイヌの文学」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android