コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久保寺逸彦 くぼでら いつひこ

2件 の用語解説(久保寺逸彦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久保寺逸彦 くぼでら-いつひこ

1902-1971 昭和時代の民族学者,言語学者。
明治35年9月10日生まれ。昭和22年東京学芸大教授,41年駒沢大教授。終生金田一京助に師事してアイヌ語アイヌ文化の研究をつづけ,カムイ-ユーカラ(神謡)や宗教儀礼,言語に関する記録をのこした。昭和46年11月5日死去。69歳。北海道出身。国学院大卒。著作に「アイヌ叙事詩―神謡・聖伝の研究」「アイヌの文学」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久保寺逸彦
くぼでらいつひこ
(1902―1971)

アイヌ文学者。北海道雄武(おうむ)に生まれる。国学院大学在学中から金田一京助に師事して、アイヌ語についての個人的な教えを受けた。のち東京学芸大学、駒沢(こまざわ)大学教授。文学博士。大正時代から北海道を旅行し、また自宅にアイヌ古老を招きアイヌ文学の採録を続け、その集めえた詩編の数は師金田一をしのぐものがあるといわれる。アイヌ文化の根底が宗教生活にあることを早くから知り、その方面への研究に特色があったが、多くは未発表のままで没した。没後刊行された『アイヌ叙事詩 神謡・聖伝の研究』(1977・岩波書店)には、そのうち126編があり、アイヌ語・アイヌ文化研究者の必読書となった。『アイヌの文学』は入門書として好著である。[山田秀三]
『『アイヌの文学』(岩波新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

久保寺逸彦の関連キーワード宇野円空宗教民族学松本信広JSE石毛直道大林太良西村朝日太郎須藤健一エトノスハイネ・ゲルデルン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone