コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久米仙人 くめのせんにん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

久米仙人
くめのせんにん

中世の伝説上の人物。大和国竜門寺で通力を得たが,飛行中に洗濯する若い女のはぎを見て,力を失い墜落。のち行力を取戻し,大和国橿原 (かしはら) に久米寺を建てたという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くめ‐の‐せんにん【久米仙人】

伝説上の仙人。大和国竜門寺にこもり空中飛行の術を体得したが、吉野川で衣を洗う女の白い脛(はぎ)に目がくらんで墜落。その女を妻として世俗に帰った。のち、遷都の際、木材の空中運搬に成功して天皇から田を賜り、久米寺を建立した。「今昔物語集」「徒然草」にみえる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

久米仙人

伝説上の仙人。『今昔物語』によれば,大和国吉野郡(奈良県吉野郡)の竜門寺で安曇と共に仙術を修業し,やがて飛行の術を得て自在に空を飛ぶに至った。吉野川の上空を飛んでいたとき,川で洗濯をしていた女の白い脛を見て神通力を失い,墜落してしまう。この女を妻にし俗人として暮らしていたが,高市の新都造営の際,素性監督官に知られ,材木を飛ばして運ぶように命じられる。道場に籠もって食を断ち,7日7晩祈り続けると,8日目の朝に山から材木が工事現場に飛んできた。これを聞いた天皇は久米に田30町を与え,そこに建てたのが久米寺(奈良県橿原市)であるという。

(小松和彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

くめのせんにん【久米仙人】

伝説上の人物。大和国吉野郡竜門寺に籠こもり、仙人となったが、飛行中吉野川の岸辺で衣を洗う若い女の白い脛はぎを見て神通力を失い墜落。のち法力を取り戻し、高市郡遷都の折、山上の材木を空中を飛ばせて運んだので、免田三〇町を与えられ、久米寺を建てたという。「今昔物語集」などにみえる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久米仙人
くめのせんにん

伝説上の人物。大和(やまと)の竜門寺にて飛行の仙術を修行中に、吉野川の川辺に洗濯する女の雪のような白い脛(はぎ)に見ほれて墜落。その女を妻として俗界に暮らすが、のちに高市(たけち)郡に都造営のとき、材木を運ぶのに空を飛ばせた功によって免田30町を与えられ、久米寺を建立したと伝える。『今昔物語集』巻11、『発心集(ほっしんしゅう)』4、『私聚百因縁集(しじゅうひゃくいんねんしゅう)』9に収載。[渡邊昭五]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

久米仙人の関連キーワード為永太郎兵衛中世岸辺山上

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

久米仙人の関連情報