コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乗馬服 ジョウバフク

3件 の用語解説(乗馬服の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じょうば‐ふく【乗馬服】

乗馬用の服。馬に乗りやすいように上着の後ろに割れ目があり、ズボンはももの部分が緩く、ひざから下は密着するように細くしたもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乗馬服
じょうばふく

スポーツウエアの一種。ヨーロッパでの歴史は17世紀までさかのぼり、その起源が上流階級の社交であったために、他のスポーツウエアに比べると、フォーマルまたはドレッシーな点を特色としている。基本的には乗馬用上着、乗馬用ズボン、シャツブーツ組合せであり、その形式は18世紀末に男性用のものはほぼ完成し、のちに1910年代に男女とも同型のものが着用されるようになった。馬場(ばば)馬術用、障害馬術用、競馬騎手用、野外騎乗用、ポロ競技用など、それぞれ異なった乗馬服が定められている。[菅生ふさ代]

現在の国際馬術競技の乗馬服

障害馬術競技では競技用の上着に白のキュロット(乗馬ズボン)、革ブーツ(長靴(ちょうか))、また上着の下には襟付きシャツを着用してタイを締める。また、ヘルメット(保護帽)を被る。馬場馬術競技では演技をより優雅に見せるため、丈の長い燕尾服(えんびふく)を着用する。それに白いキュロットと革のブーツ、頭にはトップハットといういでたちである。ただし、近年は選手の安全を考慮し、トップハットではなくヘルメットの着用が推奨されている。総合馬術競技のクロスカントリー(野外走行)では、服装は比較的自由であり、何よりも安全面が重視される。シャツの上にバックガード(ボディプロテクター)を着用することが義務付けられている。
 障害馬術および総合馬術クロスカントリーにおいては、長さ等に制限はあるが、選手は鞭(むち)を携帯することができる。また、障害馬術および馬場馬術においては、選手は入場後に審判員に向かって敬礼してから走行または演技を開始、馬場馬術ではさらに敬礼をもって演技を終えなければならない。[日本馬術連盟]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

乗馬服の関連情報