乞丐(読み)カタイ

デジタル大辞泉の解説

かた‐い〔‐ゐ〕【乞丐】

こじき。ものもらい。
「―どもの、坏(つき)、なべなど据ゑてをるも、いとかなし」〈かげろふ・上〉
人をののしっていう語。物知らず。ばか者。
「この楫取(かぢと)りは、日もえ計らぬ―なりけり」〈土佐
かつてハンセン病、また、その患者をいった語。かったい。
[補説]「傍居(かたい)」のというが、また、「片居」で、不完全な姿ですわっている者の意からとも。

きっ‐かい【×丐】

い。乞食(こじき)。こつがい。
「何故、仙にして、―をして歩くか」〈芥川・仙人〉

こつ‐がい【×丐】

物乞いをすること。また、その人。こじき。乞丐人
「父母(ぶも)ありしかども皆死にて相知れる人もなし。然(さ)れば寄り付く方なくて、かかる―をばするなり」〈今昔・二・二四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きっかい【乞丐】

( 名 ) スル
〔「丐」は乞う意〕
物乞いをすること。また、その人。 「 -することを許されん/西国立志編 正直

こつがい【乞丐】

こじき。ものもらい。こつがいにん。 「身の-となれる事を恥づといへども/方丈記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かった‐い ‥ゐ【乞丐】

〘名〙 (「かたい(乞丐)」の変化した語)
※発心集(1216頃か)二「諸のかったゐをあはれみて、朝夕物をとらす」
※玉塵抄(1563)一五「かったいは眉がないぞ」
③ (もしも誓いを破ったならば、②になってもよいという気持から) みずから誓っていうことば。びゃくらい。
※評判記・難波鉦(1680)一「もはやかたさまのやうなとのたちは、びゃくらい、がったい、いやでござんす」
※山谷詩集鈔(1647)八「ここもとにふたうなものを、やれかったいと云やうなこころぞ」

きっ‐かい【乞丐】

〘名〙 (「丐」も乞うの意) ものを乞うこと。また、こじき。ものもらい。かたい。こつがい。
※続日本紀‐天平宝字八年(764)三月己未「東西市頭乞丐者衆」
※左千夫歌集(1920)〈伊藤左千夫〉「老病一度身に迫るときに、英雄奴僕を羨み、王者も乞丐に笑はる」

こつ‐がい【乞丐・乞・乞

〘名〙 (「こつ」は「乞」の慣用音) 貧して他人に金銭や物品を乞うこと。また、その人。こじき。ものもらい。乞丐人。きっかい。かたい。
※今昔(1120頃か)二〇「息の下に、乞に候ふと荅(こたふ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の乞丐の言及

【乞食】より

…つまり都市や農村に住む民衆にとってこじきとは,生活圏の外から訪れてくる,なかばの期待となかばの恐れとをもって迎えるべき神聖な旅人でもあったのである。【真野 俊和】
[中国]
 中国ではこじきは一般に〈乞丐(きつかい)〉と呼ばれ,また仏教で俗に施物を乞うことを〈教化〉といったことから,転じて〈叫化子〉あるいは〈叫花子〉〈花子〉とも称された。貴賤の観念からすると,〈娼,優,隷,卒〉すなわち娼妓,俳優,小役人,兵卒が賤流とされたのに対して,こじきは社会的にその範疇にはいらないが,決して敬われる存在ではなかった。…

※「乞丐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android