コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ものもらい

百科事典マイペディアの解説

ものもらい

麦粒腫(しゅ)の俗称まつげ毛嚢毛包)や脂腺の主にブドウ球菌の感染による急性化膿性炎症。まぶたが赤くはれ,痛む。普通数日で自然排膿してなおる。なお,これを外麦粒腫とし,まぶたの内側の(けん)板腺に化膿が起こるものを内麦粒腫ともいう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

食の医学館の解説

ものもらい

《どんな病気か?》


 正式には麦粒腫(ばくりゅうしゅ)といい、まぶたにある皮脂腺(ひしせん)(脂(あぶら)を分泌(ぶんぴつ)するところ)に細菌が感染して化膿(かのう)した状態のことです。上下どちらのまぶたにも起こります。

《関連する食品》


〈レバー、ウナギ、緑黄色野菜などが予防効果あり〉
○栄養成分としての働きから
 ものもらいの予防には、ビタミンAをとることがたいせつです。ビタミンAには目の粘膜(ねんまく)を正常に保つ働きと、免疫力を高めて感染に対する抵抗力を強める働きがあります。
 ビタミンAには、動物性食品に多く含まれているレチノールと、緑黄色野菜に多く含まれ、体内に入ってビタミンAにかわるカロテンとがあります。
 レチノールはレバー、ウナギ、鶏肉などに、カロテンはコマツナ、カボチャ、ニンジンなどに多く含まれています。
○漢方的な働きから
 サンショウには消炎効果があり、ものもらいに効くといわれています。よく熟したサンショウの実を1週間ほど干し、1回に20粒ほど熱湯を注いで飲みます。また、ドクダミの生の葉をきざんでもみ、やわらかくしたものをガーゼに厚く塗り、患部にバンソウコウで貼(は)っても効果的です。
 化膿して大きく腫(は)れているときは、オオバコの葉を吸い出しに使います。火であぶり、軽くもんで熱いうちにまぶたに貼りつけて寝れば、翌朝、膿(うみ)がでていることでしょう。
 治ったあとは、ゴマ油を2~3滴たらしておくと、再発の予防になります。

出典 小学館食の医学館について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ものもらい

まぶた(眼瞼)にできる,はれを主体とする炎症性疾患の総称。この病気にかかったとき,よその家で物をもらって食べると治るという伝承からこの名がついたといわれる。おもに関東地方で使われる言葉で,地方により,メモライ,メコジキメボメバチコなど,さまざまに呼ばれる。狭義には,麦粒腫hordeolum,とくに外麦粒腫をさすと思われるが,広義には,内麦粒腫や霰粒腫(さんりゆうしゆ)も含まれる。外麦粒腫は瞼縁の皮脂腺あるいはまつ毛の毛囊部にできる化膿性の炎症であり,内麦粒腫は瞼板腺(マイボーム腺)に起こる化膿性の炎症で,いずれの麦粒腫も限局性の腫張と疼痛を伴う。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ものもらい

麦粒腫」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ものもらい
ものもらい

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のものもらいの言及

【目∥眼】より

…これは劣悪な栄養と過酷な労働に起因して発生した。このほか病目(やみめ),はやり目といわれる急性・慢性結膜炎,ただれ目といわれる眼瞼縁炎,星目,目星といわれるフリクテン,打目(うちめ),突目(つきめ)などの外傷,あるいはものもらい,目いぼといわれる麦粒腫,それにトラコーマ,虹彩炎,翼状片,緑内障,弱視など,江戸時代の眼病は多彩をきわめていた。また江戸時代にはおよそ7万5000人以上の盲人がいたといわれ,疫病や栄養失調のために失明し,彼らは当道(とうどう)や瞽女(ごぜ)などの集団を形成していた。…

※「ものもらい」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ものもらいの関連キーワードブドウ(葡萄)球菌鬱陶しい・欝陶しいビタミンA目(め)眼感染症民間療法袖乞いスタイ内臓肉御薦めぼ乞食垣外乞丐乞児目薬俗に陪堂

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ものもらいの関連情報