コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳糜 ニュウビ

大辞林 第三版の解説

にゅうび【乳糜】

腸壁から吸収された脂肪滴を多量に含み、乳白色を呈するリンパ液。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乳糜
にゅうび
chylomicron

血漿(けっしょう)中に存在するリポタンパク質の一種。食事由来の中性脂肪が腸から吸収されて血液中に入るときにつくられるタンパク質と結合した大形の粒子(リポタンパク質)をいい、カイロミクロンchylomicronともよばれる。比重は0.96以下で、大きさは800Å(オングストローム。1Åは0.1ナノメートル)以上のものである。脂肪を食べると、しだいに血液中にこの粒子が増えてくる。それに伴って血清の白濁がみられるようになる。これは粒子が大きいので光を散乱させる結果である。ほぼ3~6時間をピークとして、しだいに分解される。一般に早朝の空腹時にはこの粒子は存在しない。しかし、遺伝的に、空腹時でもこの粒子が増加している場合がある。これは、粒子を分解させるリポタンパクリパーゼの働きが著しく低下しているか、その補酵素(C)の欠損があるときにみられ、この際ときに腹痛、膵炎(すいえん)などをおこすことがある。また血清トリグリセライド値は1デシリットルにつき400ミリグラムを超える。脂肪の摂取を控えることで、この状態を改善させることができる。脂肪に多い炭素原子12個(C12)以上の長鎖脂肪に対して、炭素原子が6、8、10個(C6、C8、C10)の中鎖脂肪も効果的である。[中村治雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

乳糜の関連キーワードハラー(Albrecht von Haller)リンパ系のしくみとはたらき糸状虫症(フィラリア症)フィラリア症脂質異常症村田謙太郎宇田川榛斎荒井 寛方消化器官乳状脂粒小森桃塢中村岳陵鎌倉秀雄荒井寛方乳糜管解剖学乳糜尿混濁尿乳糜胸乳糜槽

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android