乳糜(読み)にゅうび(英語表記)chylomicron

日本大百科全書(ニッポニカ)「乳糜」の解説

乳糜
にゅうび
chylomicron

血漿(けっしょう)中に存在するリポタンパク質の一種。食事由来の中性脂肪がから吸収されて血液中に入るときにつくられるタンパク質と結合した大形の粒子(リポタンパク質)をいい、カイロミクロンchylomicronともよばれる。比重は0.96以下で、大きさは800Å(オングストローム。1Åは0.1ナノメートル)以上のものである。脂肪を食べると、しだいに血液中にこの粒子が増えてくる。それに伴って血清の白濁がみられるようになる。これは粒子が大きいので光を散乱させる結果である。ほぼ3~6時間をピークとして、しだいに分解される。一般に早朝の空腹時にはこの粒子は存在しない。しかし、遺伝的に、空腹時でもこの粒子が増加している場合がある。これは、粒子を分解させるリポタンパクリパーゼの働きが著しく低下しているか、その補酵素(CⅡ)の欠損があるときにみられ、この際ときに腹痛、膵炎(すいえん)などをおこすことがある。また血清トリグリセライド値は1デシリットルにつき400ミリグラムを超える。脂肪の摂取を控えることで、この状態を改善させることができる。脂肪に多い炭素原子12個(C12)以上の長鎖脂肪に対して、炭素原子が6、8、10個(C6、C8、C10)の中鎖脂肪も効果的である。

[中村治雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「乳糜」の解説

にゅう‐び【乳糜】

〘名〙
① 乳でつくった粥(かゆ)乳粥(にゅうしゅく)
※空華日用工夫略集‐応安三年(1370)一二月八日「牧牛女献乳糜。今紅糟其遺意也」 〔白居易‐晩起詩〕
② =にゅうびえき(乳糜液)〔医範提綱(1805)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android