コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

了翁道覚 りょうおうどうかく

3件 の用語解説(了翁道覚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

了翁道覚
りょうおうどうかく

[生]寛永7(1630).3.18.
[没]宝永4(1707).5.22.
江戸時代中期の黄檗宗僧。日本で図書館を独力で設立した最初の人。幼くして出家し参禅苦行した。感じるところあって男根を切断,苦痛に耐えながら,夢で薬方を知り,みずから調剤して治した。その薬を綿袋円と呼んで江戸市中に売り,財をなし七千余函の書を求め,江戸不忍池に一島を築いて文庫を建立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

了翁道覚 りょうおう-どうかく

1630-1707 江戸時代前期-中期の僧。
寛永7年3月18日生まれ。黄檗(おうばく)宗。隠元隆琦(りゅうき)に師事。錦袋円と名づけた薬をうってえた富で,上野寛永寺に大蔵経を寄進し勧学寮を建立。山城(京都府)万福寺に天真院,自得院を創建し,高泉性潡(しょうとん)の印可をうけた。宝永4年5月22日死去。78歳。出羽(でわ)雄勝郡(秋田県)出身。俗姓は鈴木。著作に「開堂録」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

了翁道覚

没年:宝永4.5.22(1707.6.21)
生年:寛永7.3.18(1630.4.30)
江戸前期の黄檗僧。初名は祖休。夢で製法を得た錦袋円という薬の売り上げで,江戸の不忍池畔に公開図書館(勧学寮)を造営。和漢の仏教典籍や儒書をはじめ,物語草子に至るまでの3万余巻を収め,講師を招いて講義を行った。さらに,天台,真言,禅の3宗21カ寺に『大蔵経』を寄進し,あわせて経蔵(経典を収納する建物)や維持費も寄付した。自らは質素に甘んじつつも,多くの寺院を造修築したほか,江戸や京都宇治での大火災のときには巨額を投じて救済活動に当たった。<参考文献>森本三鎧「了翁」(『禅文化』18号)

(吉田剛)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

了翁道覚の関連キーワード黄檗木庵黄檗惟一黄檗慧極黄檗竺庵黄檗湛堂黄檗鉄牛祖春元回天瑞梧英月潭道澄喜多道矩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone