コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

事業協同組合 ジギョウキョウドウクミアイ

4件 の用語解説(事業協同組合の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じぎょう‐きょうどうくみあい〔ジゲフケフドウくみあひ〕【事業協同組合】

中小企業等協同組合法による協同組合の一。生産・加工・販売・購買・保管・運送・検査などの事業に関する共同施設、事業資金の貸し付け、福利厚生に関する施設などの事業を行う。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

事業協同組合【じぎょうきょうどうくみあい】

中小企業等協同組合の一種で,1949年の中小企業等協同組合法に基づく最も一般的なもの。組合員のために生産・加工・販売・購買・保管・運送・検査その他の共同施設の経済事業,事業資金の貸付・借入,福利厚生事業,団体協約の締結等を行うことができる。
→関連項目協業組合

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

じぎょうきょうどうくみあい【事業協同組合】

中小企業者による協同組合。組合員のための共同施設の設置、事業資金の貸し付け、福利厚生施設の設置などを行う。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

事業協同組合
じぎょうきょうどうくみあい

中小企業等協同組合法(昭和24年法律181号)による協同組合の一種で、次の事業の全部または一部を行うものをいう。(1)生産、加工、販売、購買、保管、運送、検査などの共同施設、(2)組合員に対する資金貸付けと組合員のための資金借入れ、(3)組合員のための福利厚生施設、(4)組合員の経営や技術の改善に関する指導、知識普及のための教育、情報提供、(5)組合員の経済的地位を改善するための団体協約締結、(6)その他以上に付帯すること、である。事業協同組合は協同組合の代表的なものであり、商工業を営む中小生産者によって結成される工業協同組合、商業協同組合などの形をとる。とくに(2)のみを事業内容にするものを信用協同組合という。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

事業協同組合の関連情報