コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中小企業等協同組合 チュウショウキギョウトウキョウドウクミアイ

4件 の用語解説(中小企業等協同組合の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちゅうしょうきぎょうとう‐きょうどうくみあい〔チユウセウキゲフトウケフドウくみあひ〕【中小企業等協同組合】

中小企業等協同組合法に基づき、中小規模の商業・工業・鉱業・運送業・サービス業などの事業を行う者および勤労者その他の者が組織する協同組合事業協同組合・事業協同小組合・火災共済協同組合信用協同組合・協同組合連合会・企業組合の6種がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

中小企業等協同組合【ちゅうしょうきぎょうとうきょうどうくみあい】

中小企業等協同組合法(1949年)に基づき設立される協同組合の総称。事業協同組合,事業協同小組合,火災共済協同組合信用協同組合信用組合),協同組合連合会,企業組合などがある。
→関連項目協同組合商工組合中央金庫中小企業金融公庫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ちゅうしょうきぎょうとうきょうどうくみあい【中小企業等協同組合】

中小企業等協同組合法に基づき、中小規模の事業者や勤労者が組織する協同組合。相互扶助の精神にのっとり、公正な経済活動を行う機会を確保し、その経済的地位の向上を図る。事業協同組合・信用協同組合など六種ある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中小企業等協同組合
ちゅうしょうきぎょうとうきょうどうくみあい

中小企業等協同組合法(1949年)に規定されている中小企業の相互扶助精神に基づく協同組合。この協同組合は、中小企業を組合員とし、組合員の互助を目的とし、加入・脱退は任意であり、議決権は出資の多寡に関係なく平等であり、剰余金の配分に制限があることを特色とする。組合は、協同して行う事業の種類により、〔1〕事業協同組合、〔2〕事業協同小組合、〔3〕火災共済協同組合、〔4〕信用協同組合、〔5〕協同組合連合会、〔6〕企業組合の6種に分かれる。〔1〕と〔2〕は、組合員のために生産・加工・販売・購買・保管・運送・検査等の共同施設の運営、資金の借入・貸付、福利厚生事業などを行う。〔3〕は、火災損害に備える共済組織であり、〔4〕は、組合員のための信用事業を行う。〔5〕は、以上の諸事業の一部を行う。〔6〕は、個人の資格で資金と労力を持ち寄って共同経営を行うもので、いわゆる生産組合とよばれるものである。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中小企業等協同組合の関連キーワード企業組合信用協同組合信用金庫信用組合中小企業等協同組合法中小企業投資育成株式会社事業協同組合商工組合生産組合東京魚市場卸協同組合

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中小企業等協同組合の関連情報