コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二ツ井 ふたツい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二ツ井
ふたツい

秋田県北西部,能代市東部の旧町域。米代川中流域に位置する。 1902年町制。 1955年種梅村,荷上場村,富根村の3村と合体。同年響村を編入。 2006年能代市と合体。地域の半分は山林で,秋田杉の産地。木材の集散地で製材,家具,建具の製造が盛ん。冬から春にかけてヤマウドの栽培が行なわれる。中央を西流する米代川に,藤琴川が合流する付近はきみまち阪呼ばれる景勝地できみまち阪県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二ツ井
ふたつい

秋田県北部、山本郡にあった旧町名(二ツ井(まち))。現在は能代(のしろ)市二ツ井町で、市の東半分を占める。米代(よねしろ)川と藤琴(ふじこと)川の合流点に位置する。旧二ツ井町は、1889年(明治22)に比井野(ひいの)、薄井(うすい)の2村が合併して二ツ井村となり、1902年(明治35)町制施行。1955年(昭和30)荷上場(にあげば)、種梅(たねうめ)、富根(とみね)、響(ひびき)の4村と合併。2006年(平成18)能代市に合併。JR奥羽本線、国道7号(羽州街道)が通じる。2007年には秋田自動車道が延長され、二ツ井白神インターチェンジが設置された。荷上場は江戸時代に羽州街道の宿駅で、1901年の鉄道開通までは米代川右岸の重要な河港の一つでもあり、1896年には登録船35隻を数えた。地域の約75%が山林原野で、その50%は国有林が占める。天然の秋田杉は減少している。きみまち阪はサクラと紅葉の名所として知られ、県立自然公園に指定されている。[宮崎禮次郎]
『『二ツ井町史』(1977・二ツ井町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

二ツ井の関連情報