コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二ツ井 ふたツい

2件 の用語解説(二ツ井の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二ツ井
ふたツい

秋田県北西部,能代市東部の旧町域。米代川中流域に位置する。 1902年町制。 1955年種梅村,荷上場村,富根村の3村と合体。同年響村を編入。 2006年能代市と合体。地域の半分は山林で,秋田杉の産地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二ツ井
ふたつい

秋田県北部、山本郡にあった旧町名(二ツ井(まち))。現在は能代(のしろ)市二ツ井町で、市の東半分を占める。米代(よねしろ)川と藤琴(ふじこと)川の合流点に位置する。旧二ツ井町は、1889年(明治22)に比井野(ひいの)、薄井(うすい)の2村が合併して二ツ井村となり、1902年(明治35)町制施行。1955年(昭和30)荷上場(にあげば)、種梅(たねうめ)、富根(とみね)、響(ひびき)の4村と合併。2006年(平成18)能代市に合併。JR奥羽本線、国道7号(羽州街道)が通じる。2007年には秋田自動車道が延長され、二ツ井白神インターチェンジが設置された。荷上場は江戸時代に羽州街道の宿駅で、1901年の鉄道開通までは米代川右岸の重要な河港の一つでもあり、1896年には登録船35隻を数えた。地域の約75%が山林原野で、その50%は国有林が占める。天然の秋田杉は減少している。きみまち阪はサクラと紅葉の名所として知られ、県立自然公園に指定されている。[宮崎禮次郎]
『『二ツ井町史』(1977・二ツ井町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二ツ井の関連キーワード米代川秋田県能代市磐秋田県能代市大町秋田県能代市河戸川秋田県能代市東面秋田県能代市東赤沼秋田県能代市東大瀬秋田県能代市東町二ツ井〈町〉秋田県能代市向能代

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

二ツ井の関連情報