コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二丈 にじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二丈
にじょう

福岡県北西部,糸島市南西部の旧町域。唐津湾に臨む。1955年深江村,福吉村,一貴山村の 3村が合体して二丈村となり,1965年町制。2010年前原市,志摩町と合体して糸島市となった。脊振山地の西端にあたる浮嶽 (805m) ,十坊山(とんぼやま。535m)などの北斜面が広い面積を占める。中心地区は深江で近世の宿場町から発達。西部の福井,吉井は漁港で,海水浴場もある。主産業は農漁業で,1960年代にミカン栽培が普及。北東端に国指定史跡の一貴山銚子塚古墳がある。海岸一帯と十坊山付近は玄海国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二丈
にじょう

福岡県西端、糸島(いとしま)郡にあった旧町名(二丈町(まち))。1965年(昭和40)二丈村が町制施行。2010年(平成22)前原(まえばる)市、志摩(しま)町と合併して糸島市となる。町名は背後にそびえる二丈山(711メートル)にちなむ。脊振(せふり)山地西部の北斜面が広がり、北東部の砂丘内側には一貴山(いきさん)川の沖積低地が開け、玄界灘(げんかいなだ)に臨む。福吉(ふくよし)沖合いの羽島を含む。海岸に沿ってJR筑肥(ちくひ)線と国道202号が並走し、バイパスが1983年開通した。主産業は米、イチゴ、キュウリ、ミカンなどの栽培を中心とした農業であるが、沿岸漁業も盛んである。中心の深江(ふかえ)は唐津(からつ)街道の宿場町として栄えた。深江、大入(だいにゅう)、福吉、鹿家(しかが)などは白砂青松の海水浴場として多くの客を集め、一帯は玄海国定公園に含まれる。見どころとして竜国(りゅうこく)寺、浮嶽(うきだけ)神社、国指定史跡の銚子塚(ちょうしづか)古墳がある。[石黒正紀]
『『二丈町誌』(1967・二丈町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

二丈の関連キーワード魏志倭人伝(読み下し)志摩(福岡県の地名)銚子塚古墳〈福岡県〉糸島1市2町合併高瀬舟(川舟)福岡県糸島市糸島(市)大化改新詔唐津(市)銚子塚古墳楢崎多吉郎ハリー彗星博多張子宗谷海峡安富荘租庸調博多織反物夫役牛鬼

二丈の関連情報