コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二次電子増倍管 にじでんしぞうばいかんsecondary electron multiplier

3件 の用語解説(二次電子増倍管の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二次電子増倍管
にじでんしぞうばいかん
secondary electron multiplier

金属や酸化物の面に電子を当てると電子が放出される。これを二次電子という。材料や電子のエネルギーを適当に選ぶと二次電子の数はもとの電子の数の数倍になる。これを多数回積重ねて,電子増倍すなわち電流増幅を行う真空管で,雑音の小さいことが特色である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

にじでんし‐ぞうばいかん〔‐ゾウバイクワン〕【二次電子増倍管】

二次電子を加速して次の電極に衝突させ、次々に電子を増倍させて大きな電子流やイオン流を得る真空管イオン電流光電子の測定に使用。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二次電子増倍管
にじでんしぞうばいかん

二次電子放出効率のよい電極面に一次電子を衝突させ、放出された二次電子を加速してさらに次の電極に衝突させ、次々と電子を増倍して信号を取り出せる電子管。受信管程度の大きさでも、1回の衝突で5倍の電子が得られれば、10段で約1000倍の増幅が得られる。微弱な電子で増幅できることから、光陰極といくつかの二次電子放出物質を組み合わせたもので、光電子増倍管がもっとも知られている。そのほかチャネルマルチプライヤーとよばれる微細なパイプ内で二次電子を増倍するものや、それらを平面上に並べて映像を増幅するマルチチャネルプレートがあり、光検出、暗視用などに用いられる。[岩田倫典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone