コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二次電子増倍管 にじでんしぞうばいかん secondary electron multiplier

3件 の用語解説(二次電子増倍管の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二次電子増倍管
にじでんしぞうばいかん
secondary electron multiplier

金属や酸化物の面に電子を当てると電子が放出される。これを二次電子という。材料や電子のエネルギーを適当に選ぶと二次電子の数はもとの電子の数の数倍になる。これを多数回積重ねて,電子増倍すなわち電流増幅を行う真空管で,雑音の小さいことが特色である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にじでんし‐ぞうばいかん〔‐ゾウバイクワン〕【二次電子増倍管】

二次電子を加速して次の電極に衝突させ、次々に電子を増倍させて大きな電子流やイオン流を得る真空管イオン電流光電子の測定に使用。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二次電子増倍管
にじでんしぞうばいかん

二次電子放出効率のよい電極面に一次電子を衝突させ、放出された二次電子を加速してさらに次の電極に衝突させ、次々と電子を増倍して信号を取り出せる電子管。受信管程度の大きさでも、1回の衝突で5倍の電子が得られれば、10段で約1000倍の増幅が得られる。微弱な電子で増幅できることから、光陰極といくつかの二次電子放出物質を組み合わせたもので、光電子増倍管がもっとも知られている。そのほかチャネルマルチプライヤーとよばれる微細なパイプ内で二次電子を増倍するものや、それらを平面上に並べて映像を増幅するマルチチャネルプレートがあり、光検出、暗視用などに用いられる。[岩田倫典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二次電子増倍管の関連キーワード特性X線酸性酸化物伝導電子二次電子山を当てるデンバー効果電子残留効果マルター効果励起電子陽電子放出核種

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone