コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五人囃子 ゴニンバヤシ

4件 の用語解説(五人囃子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ごにん‐ばやし【五人×囃子】

ひな人形で、謡(うたい)小鼓大鼓(おおつづみ)太鼓の五役をそれぞれ一人ずつの童子に当てた五人一組の人形。 春》
江戸の祭り囃子で、笛・鉦(かね)締め太鼓二つ・大太鼓の五つの楽器で行う合奏。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

五人囃子

雛(ひな)人形の▽地謡(じうたい)、笛、大鼓、小鼓、太鼓

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ごにんばやし【五人囃子】

雛人形で、地謡・笛・小鼓・大鼓おおつづみ・太鼓の役をそれぞれ受け持つ五人を模した人形。雛壇の三段目に飾る。
江戸の祭り囃子で、笛・鉦かね・太鼓二人・大太鼓の五人で奏するもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五人囃子
ごにんばやし

5人1組の雛(ひな)人形。能楽の囃子方(はやしかた)を人形化したもの。普通、童顔につくられている。天明(てんめい)(1781~89)ごろ江戸で考案した。雛人形十五人揃(ぞろ)いに属し、雛壇の3段目に、向かって右から謡(うたい)、笛、小鼓(こつづみ)、大鼓(おおかわ)、太鼓(たいこ)の順に並べる。[斎藤良輔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の五人囃子の言及

【雛人形】より

…雛人形はこの雛段に飾る人形の総称である。江戸末期以後,江戸では京都形式の官女,随身をとりいれ,これに江戸式の五人囃子(ばやし)を加えたものを決りの雛人形とした。現在もこの形式にならい,内裏雛(2人),官女(3人),五人囃子(5人),随身(2人),衛士(3人)の5種類を,〈きまりもの〉十五人揃いとしている。…

【祭囃子】より

… 江戸の祭囃子もまた祇園囃子の影響を受けて発生したが,その代表的なものに葛西囃子がある。享保(1716‐36)のころ,葛西神社の神主能勢環によって始められたといい,五人囃子とも呼ばれるように,太鼓1,締太鼓2,笛1,鉦1の5人で編成されている。《打込み》《屋台囃子》《昇殿》《鎌倉》《四丁目》《屋台囃子》の6段を繰り返し演奏し,神輿巡行を迎えるときには《投げやり》を,道化の馬鹿踊には《忍馬(にんば)》,獅子舞には《勇み》《清め》《じゃれ》などの曲を演奏する。…

※「五人囃子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

五人囃子の関連キーワード芥子人形三人官女三人上戸雛遊び雛衣鄙歌豆人形歌歌い宿場の雛まつりひな人形

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

五人囃子の関連情報