コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五代美術 ごだいびじゅつ

世界大百科事典 第2版の解説

ごだいびじゅつ【五代美術】

中国,唐と宋との間にはさまれた五代(907‐960)の時代は,中国中原・蜀・江南の3文化圏に分かれ,それぞれが独自の文化を誇り,かつ相互に交流していた。この時代の美術界で目だつのは絵画の様式展開のめざましさで,中国のみならず世界の美術史のなかでも一つの頂点をなしている。中原では五つ王朝が交替したが,戦乱のなかで,水墨山水画が大きく展開した。唐後半に起こった潑墨山水画の墨面による表現と,従来の線描的要素を結合させたのが荆浩であり,ここに北方系山水画の基礎が固められ,北宋初期の李成,関仝(かんどう),范寛らの地方性の強い画風に継承されていく。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android