コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五代美術 ごだいびじゅつ

1件 の用語解説(五代美術の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ごだいびじゅつ【五代美術】

中国,唐と宋との間にはさまれた五代(907‐960)の時代は,中国が中原・蜀・江南の3文化圏に分かれ,それぞれが独自の文化を誇り,かつ相互に交流していた。この時代の美術界で目だつのは絵画の様式展開のめざましさで,中国のみならず世界の美術史のなかでも一つの頂点をなしている。中原では五つの王朝が交替したが,戦乱のなかで,水墨山水画が大きく展開した。唐後半に起こった潑墨山水画の墨面による表現と,従来の線描的要素を結合させたのが荆浩であり,ここに北方系山水画の基礎が固められ,北宋初期の李成,関仝(かんどう),范寛らの地方性の強い画風に継承されていく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

五代美術の関連キーワード五代史介在澶淵の盟挟まる挟み撃つ間の間何時の間にか挟む何はさておき

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone