コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五悪 ごあく

4件 の用語解説(五悪の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五悪
ごあく

仏教用語。在家の仏教信者が保つべき五戒を守らないことで,殺生,偸盗,邪淫,妄語,飲酒 (おんじゅ) の5種の悪行をさす。特に『大無量寿経』巻下に五悪段として説かれている。また,中国では,儒教の不仁,不義,不礼,不智,不信の5つの悪事を五悪と呼ぶ場合がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ご‐あく【五悪】

仏語。教えに背く五つの悪事。殺生(せっしょう)・偸盗(ちゅうとう)・邪淫(じゃいん)・妄語(もうご)・飲酒(おんじゅ)。→五戒(ごかい)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごあく【五悪】

〘仏〙 無量寿経に説かれている五つの悪行。殺生せつしよう・偸盗ちゆうとう・邪淫じやいん・妄語もうご・飲酒おんじゆ。 → 五戒

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五悪
ごあく

仏教信者が出家在家を問わず、つねに守るべき五戒に相反する五つの悪。殺生(せっしょう)(生物を殺すこと)、偸盗(ちゅうとう)(盗むこと)、邪婬(じゃいん)(配偶者以外のものと性関係をもつこと)、妄語(もうご)(嘘(うそ)をつくこと)、飲酒(おんじゅ)(酒を飲むこと)をいう。[松本史朗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の五悪の言及

【罪】より

… 仏教における罪は法(ダルマ)にそむく行為,戒律に反する行為であり,その代表的なものが〈五逆〉ないし〈五逆罪〉である。すなわち(1)母を殺すこと,(2)父を殺すこと,(3)僧(阿羅漢)を殺すこと,(4)仏の身体を傷つけること,(5)教団の和合一致を破壊することの5種の罪をいい,無間(むげん)地獄に堕ちる罪であるから〈五無間業(ごむげんごう)〉ともいうが,これは基本的には同じ仏教でいう〈五悪〉(または〈十悪〉)や,キリスト教でいう〈七大罪seven deadly sins〉などと同じく道徳的規範に反する罪悪に属する。ところがのちになると,人間存在そのものが罪に覆われたものであるとの自覚があらわれ,それが極楽や地獄などの他界観や応報思想と結びついて浄土教的な罪業観が生じた。…

※「五悪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone