不仁(読み)ふじん

精選版 日本国語大辞典「不仁」の解説

ふ‐じん【不仁】

〘名〙 (形動)
の道にそむくこと。いつくしみのないこと。また、その人やそのさま。
太平記(14C後)四〇「則天地悠久之道、而施於不仁之仁
三国伝記(1407‐46頃か)九「黄祖が不仁なる事をて」 〔易‐繋辞下〕
手足などがしびれて、感じのなくなること。また、そのさま。〔医心方(984)〕 〔後漢書‐班超伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android