コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名川 ながわ

4件 の用語解説(名川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名川
ながわ

青森県南東部,南部町中央部の旧町域。北上高地の北端にあり,南で岩手県に接する。 1955年名久井村,北川村が合体して町制。 2006年南部町,福地村と合体して南部町となった。北に馬淵川が流れ,米とリンゴを産する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

めい‐せん【名川】

水質・景観がよい、歴史的に名高い、などのすぐれた特徴をもつ川。名水。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

めいせん【名川】

有名な川。名水。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

名川
ながわ

青森県南東部、三戸(さんのへ)郡にあった旧町名(名川町(まち))。現在は南部町(なんぶちょう)の中央部を占める地域。1955年(昭和30)北川、名久井(なくい)の2村が合併して成立。2006年(平成18)、三戸郡南部(なんぶ)(まち)、福地(ふくち)村と合併して南部町とした。第三セクター青い森鉄道(旧、JR東北本線)、国道4号が通じる。岩手県に接し、旧町域の大部分は北上高地北部の山地で占められる。北部を馬淵(まべち)川が東流する。産物は米とリンゴが主で、リンゴはこの地方第一の生産地となった。そのほかサクランボなど果樹栽培が盛んである。東方にそびえる名久井岳一帯は県立自然公園に指定されている。山麓(さんろく)には北条時頼(ときより)開基の法光寺などがある。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名川の関連キーワード蒲生北上青森県三戸郡南部町大向青森県三戸郡南部町剣吉青森県三戸郡南部町小向青森県三戸郡南部町平青森県三戸郡南部町高瀬青森県三戸郡南部町斗賀青森県三戸郡南部町鳥谷青森県三戸郡南部町福田

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

名川の関連情報