名川(読み)ながわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名川
ながわ

青森県南東部,南部町中央部の旧町域。北上高地の北端にあり,南で岩手県に接する。 1955年名久井村,北川村が合体して町制。 2006年南部町,福地村と合体して南部町となった。北に馬淵川が流れ,米とリンゴを産する。南部の山岳地帯は三戸町との境の名久井岳 (615m) を中心とする名久井岳県立自然公園に属している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

名川
ながわ

青森県南東部、三戸郡(さんのへぐん)にあった旧町名(名川町(まち))。現在は南部町(なんぶちょう)の中央部を占める地域。1955年(昭和30)北川、名久井(なくい)の2村が合併して成立。2006年(平成18)、三戸郡南部(なんぶ)(まち)、福地(ふくち)村と合併して南部町とした。第三セクター青い森鉄道(旧、JR東北本線)、国道4号が通じる。岩手県に接し、旧町域の大部分は北上高地北部の山地で占められる。北部を馬淵(まべち)川が東流する。産物は米とリンゴが主で、リンゴはこの地方第一の生産地となった。そのほかサクランボなど果樹栽培が盛んである。東方にそびえる名久井岳一帯は県立自然公園に指定されている。山麓(さんろく)には北条時頼(ときより)開基の法光寺などがある。[横山 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

めい‐せん【名川】

〘名〙 名高い川。有名な川。名水。〔春秋左伝‐襄公一一年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名川の関連情報