井の中の蛙、大海を知らず(読み)いのなかのかわず、たいかいをしらず

故事成語を知る辞典の解説

自分の狭い知識や経験にとらわれ、他に広い世界があるのを知らないことのたとえ。

[使用例] 自分がいかに教養のない世間知らずであったか、思いあがった井の中の蛙であったかということを思い知らされたのです[筒井康隆エディプスの恋人|1977]

[由来] 「荘子―秋水」の「せいは以て海を語るべからず(井戸の中に住むカエルは、海について語ることはできない)」という一節から。また、同じ「荘子―秋水」には、井戸に住むカエルが東海に住むカメに向かって、井戸のすばらしさを語ったところ、カメから海の広大さをとくとくと聞かされて茫然とした、という話もあります。

〔異形〕井の中のせいてい

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android