コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疎い ウトイ

デジタル大辞泉の解説

うと・い【疎い】

[形][文]うと・し[ク]
親しい間柄でない。疎遠だ。「二人の仲は―・くなった」「去る者は日々に―・し」
(「…にうとい」の形で)そのことについての知識や理解が不十分である。「その方面の事情に―・い」
親しみが持てない。わずらわしく思う。
「かつ見れど―・くもあるかな月影のいたらぬ里もあらじと思へば」〈古今・雑上〉
不案内である。関心がない。
「後の世のこと心に忘れず、仏の道―・からぬ、心にくし」〈徒然・四〉
愚かである。間が抜けている。
「女郎狂ひするほどの者に、―・きは一人もなし」〈浮・胸算用・二〉
[派生]うとさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うとい【疎い】

( 形 ) [文] ク うと・し
その人とかかわりが薄い。親しくない。疎遠だ。 「去る者は日々に-・し」
物事・事情などがよくわからない。不案内である。通じていない。 ↔ 詳しい 「世事に-・い」
へだたりを感じるさまである。なじめない。 「いよいよ-・き御気色のまさるを/源氏 夕霧
うとましい。いとわしい。 「かつ見れど-・くもあるかな月影の至らぬ里もあらじと思へば/古今 雑上
頭のはたらきが鈍い。間抜けだ。 「女郎ぐるひする程のものに-・きはひとりもなし/浮世草子・胸算用 2
耳や目などのはたらきがよくない。 「 - ・き老眼すかして見る/浄瑠璃・大経師
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

疎いの関連キーワード芋の煮えたも御存じないデジタル・デバイドジョージ(1世)モンスター新人大来佐武郎畠山満家大統領制樋口一葉後の世詳しい漕運方面野暮仙人殿様迂遠銭穀俗情迂儒迂言

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

疎いの関連情報