コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暗い/昏い/冥い/闇い クライ

デジタル大辞泉の解説

くら・い【暗い/×昏い/冥い/闇い】

[形][文]くら・し[ク]
光が弱い。光が少なくて、物がよく見えない。「辺りが―・い」「―・い夜道」⇔明るい
色彩が黒みがかった感じである。くすんでいる。「―・い緑色」⇔明るい
気持ちが晴れ晴れせず、沈み込んでいる。また、人にそのような印象を与えるさま。「―・い気分」「―・い世相」「表情が―・い」⇔明るい
不幸な感じである。また、人に触れられたくない事情がある。「―・い過去をもつ」
その事について希望がもてない。期待できない。「見通しが―・い」⇔明るい
その方面・分野のことに知識が乏しい。不案内である。「地理に―・い」「事情に―・い」⇔明るい
物事を判断する能力がない。愚かである。
「―・き人の、人をはかりて、その智を知れりと思はん、さらに当たるべからず」〈徒然・一九三〉
文化がまだ発達していない。未開である。
「時―・きに鍾(あた)れり」〈神武紀〉
不足している。不十分である。
「我が韃靼(だったん)は大国にて、七珍万宝―・からずと申せども」〈浄・国性爺
[派生]くらさ[名]
[下接語](ぐらい)後ろ暗い薄暗い小(お)暗い小(こ)暗い木(こ)暗い仄(ほの)暗い

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くらい【暗い】

( 形 ) [文] ク くら・し
〔動詞「暮る」と同源〕
光の量が少なく、物がよく見えない状態である。明るさが足りない。 「日が暮れて-・くなる」 「 - ・い夜道」
色がくすんでいる。黒ずんでいる。 「 - ・い紫色」
(性格や気分が)陰気で晴れやかでない。明朗でない。 「 - ・い性格」 「気持ちが-・くなる」
犯罪・不幸・悲惨の存在を感じさせる。 「 - ・い過去」 「 - ・い世相」
希望がもてない状態だ。 「見通しは-・い」
事情をよく知らない。精通していない。 「法律に-・い」 「この辺の地理に-・い」
愚かだ。暗愚だ。 「 - ・き人の、人をはかりてその智を知れりと思はん/徒然 193
不十分である。不足している。 「我が韃靼だつたんは大国にて七珍万宝-・からずと申せども/浄瑠璃・国性爺合戦」
▽↔ あかるい
[派生] -さ ( 名 ) -み ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

暗い/昏い/冥い/闇いの関連キーワードコーヒーブラウンスレートグレー墨を流したようボトルグリーン利休色・利久色イザベラ永遠にダークスーツモスグリーンガンメタル鶯色・鴬色胸が塞がる真っ暗がり蒙を啓く如法暗夜ココア色七珍万宝小暗がり薄暗がり心が沈む限界等級

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android