井乃頭(いのかしら)

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

いのかしら【井乃頭】

長野の日本酒。徳川300年の御用水であった東京・の頭池は、「井(戸)の頭」で最上湧水を表す。酒名は、これにちなみ水にこだわるという意味を込めて命名。純米大吟醸酒、大吟醸酒、純米酒、本醸造酒がある。平成8、13、18年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は美山錦山田錦など。仕込み水は伊那伏流水蔵元の「漆戸醸造」は大正4年(1915)創業。所在地は伊那市西町。

いのかしら【井乃頭】

長野の米焼酎。酒名は、徳川将軍家御用水でもあった東京井の頭の名水にあやかり命名。酒造好適米の美山錦を使用し、減圧蒸留する。原料は米、米麹。アルコール度数25%。蔵元の「漆戸醸造」は大正4年(1915)創業。焼酎と同名の清酒「井乃頭」の醸造元。所在地は伊那市西町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android