井口在屋(読み)いのくち ありや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井口在屋 いのくち-ありや

1856-1923 明治-大正時代の機械工学者。
安政3年10月30日生まれ。明治29年帝国大学教授。機械学会の創立にくわわり,術語選定委員長をつとめる。38年「渦巻きポンプの理論」を発表,そのポンプ製造は畠山一清(いっせい)によって企業化された。大正12年3月25日死去。68歳。加賀(石川県)出身。工部大学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

井口在屋【いのくちありや】

機械工学者。金沢生れ。渦巻(うずまき)ポンプの理論の大成者で,井口式タービンポンプを発明。1882年工部大学校機械工学科卒,1886年以降帝国大学工科大学(東大)で教鞭をとる。機械学会を創立し,《機械工学述語集》を刊行するなど,明治〜大正の日本の機械工学の指導的立場にあった。
→関連項目荏原製作所[株]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

井口在屋

没年:大正12.3.25(1923)
生年:安政3.10.30(1856.11.27)
明治大正期の工学者。加賀藩の儒学者井口済の子。明治15(1882)年に工部大学校の第4期卒業生。卒業と同時に同校機械工学の助教授,翌年には早くも水車の意匠法を提案。明治19年工部大学校が東京大学に合併してその工学部(当時は工科大学と称する)となり,初代助教授,のち教授。明治25年,ビルの温水暖房機構を英文で発表,明治30年機械学会の創設に与り,特に術語選定委員会を設けて,機械工学関係の用語の確定に中心的な役割を果たす。明治38年「渦巻きポンプの理論」を英文で発表。これは,一種のタービン・ポンプの原理であり,国際的にも注目を集めたし,のち,この実用化のために設立した「ゐのくち式機械事務所」は大正2(1913)年に特許を取り,大正9年には荏原製作所となって,ポンプ・メーカーとしての地位を確立した。

(村上陽一郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いのくちありや【井口在屋】

1856‐1923(安政3‐大正12)
機械工学者。機械工学の全分野に顕著な業績をあげ,日本における斯学(しがく)の礎を築いた。金沢出身。1882年に工部大学校機械工学科を卒業,86年,工部大学校と東京大学理学部工学科との合併により発足した帝国大学工科大学の最初の4人の教授の一人となる。97年,真野文二の提唱による日本機械学会の創設に参加し,同学会初期の中心的活動である機械用語の確定の責任者となる。98年,井口は術語選定委員長となり,その後約20年間,計222回の会合を重ね,《機械工学術語集》の第1集から第4集までを刊行した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いのくちありや【井口在屋】

1856~1923) 技術者。金沢生まれ。東大教授。渦巻ポンプを発明。日本の機械工学のあらゆる分野に先駆的業績を残した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

井口在屋
いのくちありや
(1856―1923)

機械工学の鼻祖、渦巻ポンプの発明者。金沢に生まれ、1882年(明治15)工部大学校(現、東京大学工学部)機械科の第4回卒業生となる。1886年帝国大学工科大学助教授、1896年同教授となり、機械学会や工手学校を創立し、海軍機関学校教授を兼ねた。水車、蒸気機関をはじめ、歯車、ねじなどの機械要素、軸継手(つぎて)、はずみ車など機械工学のあらゆる面に先駆的業績を残し、機械工学術語の選定に尽力した。とくに1905年(明治38)の渦巻ポンプの理論と実験は、この形式のポンプに世界で初めて明確な設計理論を与え、国際的に高く評価された。その理論によって試作した渦巻ポンプは口径175ミリメートルの単段タービンポンプで全揚程40メートルに達し、70%の効率をあげて世界記録をつくった。日本特許は1914年(大正3)1月29日、畠山一清(はたけやまいっせい)と二人の名でとられ、畠山の手で企業化され、今日の荏原(えばら)製作所に引き継がれている。初期の渦巻ポンプは同社本社および博物館明治村機械館に記念物として保存されている。[山崎俊雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android