人海戦術(読み)ジンカイセンジュツ

大辞林 第三版の解説

じんかいせんじゅつ【人海戦術】

損害は覚悟のうえで、大兵力を動員して、数の力で敵を圧倒する戦法。人海作戦。
機械力などを使わず、多数の人員を投入して事を行うこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人海戦術
じんかいせんじゅつ

武器や地形における不利を、兵員の戦線への大量投入によって補う戦術。攻撃側は犠牲を顧みず何波にもわたる突撃隊を送り込んで、敵陣を制圧しようとする。日露戦争での旅順(りょじゅん)攻防戦で日本軍も採用したが、とくに抗日戦や朝鮮戦争において中国人民解放軍が使った戦術としてよく知られている。[山崎 馨]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じんかい‐せんじゅつ【人海戦術】

〘名〙 多くの兵力をくり出し、損害に構わず数の力で敵軍を押し切ろうとする戦法。転じて、多人数をくり出して物事に対処すること。人海作戦。
※日本拝見‐天理(1954)〈臼井吉見〉「この原始的な人海戦術にまじって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人海戦術の関連情報