コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人間の権利協会 にんげんのけんりきょうかいSociété des Droits de l’Homme et du Citoyen

世界大百科事典 第2版の解説

にんげんのけんりきょうかい【人間の権利協会 Société des Droits de l’Homme et du Citoyen】

フランスの共和主義的政治結社。1830年8月〈ロベスピエールの人権宣言〉をかかげ結集した小グループを起源とし,〈人民の友協会〉に加入していたが,32年末,弾圧による〈人民の友〉の解体後,同グループはそのメンバーを吸収しつつ,組織の再編・拡大を行った。その際刑法の適用を逃れるため,末端を20名以下のセクションとし,各地区委員,区委員を介し中央委員会(11名)が指導する体制を確立した。33年4月,ルボンNapoléon Lebon(1808‐?)の急進派とラスパイユFrançois‐Vincent Raspail(1794‐1878)の穏健派の対立が深刻化したが,急進派が勝利をおさめ,〈ロベスピエールの人権宣言〉を採択し,組織機構の民主化が徹底された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の人間の権利協会の言及

【コルドリエ・クラブ】より

…革命政治の監視と批判を目的に1790年春にパリで設立された民間のクラブ。正式名称は〈人間と市民の諸権利の友の会Société des droits de l’homme et du citoyen〉であるが,最初セーヌ左岸のコルドリエ修道院に本部をおいたため,コルドリエ・クラブと呼ばれるようになった。このクラブは,革命において,全国のクラブのうち,ジャコバン・クラブに次いで重要な役割を演じた。…

【カベニャック】より

…大革命期に国民公会議員であった父の影響で,ジャコバンの信奉者となる。七月革命前はカルボナリ党などの結社に属したが,革命直後に人民の友協会を組織,これが1832年6月パリの民衆蜂起で弾圧されると,強力な下部組織をもつ人間の権利協会の発展に努め,中央委員会の議長となった。組織内の穏健派と革命派の協調に腐心すると同時に,《革命のパリ》(4巻)を編集するなど,宣伝活動にも力を尽くした。…

※「人間の権利協会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

人間の権利協会の関連キーワードカベニャックバルベス季節社