コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙南 せんなん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仙南
せんなん

秋田県南東部,美郷町南部の旧村域。横手盆地のほぼ中央に位置する。 1956年飯詰村と金沢西根村が合体して発足。 2004年六郷町,千畑町と合体して美郷町なった。東部は奥羽山脈の県境の山々,西部は横手盆地の扇状地雄物川氾濫原からなり,半分以上は水田単作地帯。冬季多雪地域。後三年の役の合戦の地として知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仙南
せんなん

秋田県中東部、仙北(せんぼく)郡にあった旧村名(仙南村(むら))。現在は美郷(みさと)町の南西部を占める一地区。1956年(昭和31)飯詰(いいづめ)、金沢西根(かねざわにしね)の2村が合併して成立。2004年(平成16)六郷(ろくごう)町、千畑(せんはた)町と合併、美郷町となる。旧村域は、横手盆地の一部を占め、出(いで)川、横手川が形成した扇状地にあり、JR奥羽本線、国道13号(羽州街道)が通じる。後三年(ごさんねん)の役の戦場となった地で、後三年という地名が残る。冬は季節風が強く多雪地域であるが、県内有数の穀倉地帯。稲作主体の農業が主産業であり、野菜、葉タバコ栽培、リンゴなど果樹生産、養豚も盛ん。後三年スキー場がある。[宮崎禮次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

仙南の関連キーワード伝統的建造物群保存地区美郷(町)(秋田県)秋田県仙北郡美郷町六郷(秋田県)大河原[町]青根[温泉]宮城(県)庄司 一郎月輪 賢隆遠藤 速雄柴田(町)仙台[市]美郷[町]名取平野遠藤速雄黒川丘陵仙台平野広域行政清原武衡宮城県

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仙南の関連情報