コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙石原温泉 せんごくばらおんせん

2件 の用語解説(仙石原温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仙石原温泉
せんごくばらおんせん

神奈川県南西部,箱根町にある温泉。箱根山の北部,火口原である仙石原の高原地域にある。旧爆裂口である大涌谷の噴気孔から引き湯。泉質は単純泉,石膏泉。泉温は 20~70℃。神経痛,皮膚病に効能がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仙石原温泉
せんごくはらおんせん

神奈川県足柄下(あしがらしも)郡箱根町にあり、箱根温泉群の最北部にあたる。国道138号に沿う。上湯(かみゆ)、下(しも)湯、元(もと)湯、俵石(ひょうせき)、仙石の五地区に分かれるが、ともに高原情緒にあふれ、とくに秋のススキはみごと。大涌谷(おおわくだに)から引き湯をしていて泉量は豊富。泉質は硫酸塩泉、単純温泉。仙石原関所跡があり、北に箱根外輪山の最高峰金時(きんとき)山がある。小田原駅または箱根湯本駅から中心の仙石までバスが通じる。[浅香幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

仙石原温泉の関連情報