コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙石貢 せんごく みつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仙石貢 せんごく-みつぐ

1857-1931 明治-昭和時代前期の官僚,政治家。
安政4年6月2日生まれ。明治17年工部省にはいり,29年逓信省鉄道技監。31年九州鉄道社長。41年衆議院議員(当選3回,憲政会)。大隈内閣の鉄道院総裁,加藤高明内閣,若槻内閣の鉄道相となる。貴族院議員。昭和4年南満州鉄道総裁。昭和6年10月30日死去。75歳。土佐(高知県)出身。工部大学校卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せんごくみつぐ【仙石貢】

1857‐1931(安政4‐昭和6)
官僚,実業家,政治家。高知出身。東京大学理科大学を卒業し,東京府属,工部省を経て逓信省鉄道技監・運輸部長として鉄道の発展に尽力する。この間工学博士の学位を授けられる。1898年筑豊鉄道,九州鉄道各社長,猪苗代水力電気,日本窒素肥料などの重役を兼務し,1908年代議士となり以後3回当選する。党籍は戊申俱楽部から立憲国民党を経て,立憲同志会,憲政会,立憲民政党。この間,第2次大隈重信内閣の鉄道院総裁,第1次・第2次加藤高明内閣の鉄道相を務め,29年から31年にかけて南満州鉄道の総裁となり,大陸経営にあたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

仙石貢の関連キーワード戊申倶楽部

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android