絵空事(読み)エソラゴト

デジタル大辞泉の解説

え‐そらごと〔ヱ‐〕【絵空事】

《絵には美化や誇張が加わって、実際とは違っている意から》大げさで現実にはあり得ないこと。誇張した表現。「絵空事に過ぎない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えそらごと【絵空事】

絵は実際の物とは違って誇張され美化されて描かれているものであること。転じて、実際にはありもしないこと。大げさなこと。 「 -を並べる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

え‐そらごと ヱ‥【絵空事】

〘名〙
① 描かれた絵とその対象となった実物とは違っていること。絵には誇張、美化などの作意が加わるものであること。
古今著聞集(1254)一一「ありのままの寸法にかきて候はば、見所なき物に候故に、絵そらこととは申すにて候」
② (①から転じて) おおげさなこと。ありもしないうそ。
※中華若木詩抄(1520頃)上「これについて、三笑は、画そらごとにてある。三人は同時ではないと云」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

絵空事の関連情報