巫覡(読み)きね

精選版 日本国語大辞典「巫覡」の解説

き‐ね【巫覡】

〘名〙 神に仕える人。神楽(かぐら)を奏し、祝詞(のりと)をあげて神意をうかがい、それを人々に伝える、神と人間とのなかだちをする人。神官(みこ)いずれにもいう。
※神楽歌(9C後)採物・榊「〈末〉霜八度(やたび) 置けど枯れせぬ 榊葉の 立ち栄ゆべき 神の支禰(キネ)かも」

ふ‐げき【巫覡】

〘名〙 (「ふ」は「巫」の慣用音、「ぶ」は漢音。「ぶげき」とも) 神仏を勧請し霊の口よせをする者。神がかりとなって、人の未来、吉凶禍福を予言する者。女を巫、男を覡という。
※続日本紀‐天平勝宝四年(752)八月庚寅「捉京師巫覡十七人、配于伊豆、隠伎、土左等遠国

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「巫覡」の解説

【巫覡】ふげき

女みこと男みこ。〔子、正論を出づれば巫覡事り。を出づれば宗り。

字通「巫」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の巫覡の言及

【仁田忠常】より

…〈穴中地獄の様子を語るな〉と権現からいわれながら,禁忌を破って頼家に語ったために忠綱は命を失う。忠綱という人物は,伝承世界の中では顕冥二界にまたがる媒介的な存在であり,したがって巫覡(ふげき)の徒に担われて流布したものであろう。【岩崎 武夫】。…

※「巫覡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android