コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巫覡 フゲキ

デジタル大辞泉の解説

ふ‐げき【××覡】

神に仕えて、祈祷や神おろしをする人。「」は女性、「覡」は男性にいう。巫者
「―卜相(ぼくそう)の徒の前に首(こうべ)を俯せんよりは」〈露伴運命

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふげき【巫覡】

〔「巫」は女のかんなぎ、「覡」は男のかんなぎ〕
かんなぎの総称。ぶげき。 「 -祈れども験無し/太平記 4

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の巫覡の言及

【仁田忠常】より

…〈穴中地獄の様子を語るな〉と権現からいわれながら,禁忌を破って頼家に語ったために忠綱は命を失う。忠綱という人物は,伝承世界の中では顕冥二界にまたがる媒介的な存在であり,したがって巫覡(ふげき)の徒に担われて流布したものであろう。【岩崎 武夫】。…

※「巫覡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

巫覡の関連キーワード不・付・俘・俯・傅・埠・夫・婦・孵・富・巫・布・府・怖・扶・敷・斧・普・浮・父・符・腐・腑・膚・訃・譜・負・賦・赴・附・風シャーマン(呪術・宗教的職能者)シャーマニズムシャーマン朝鮮文学朝鮮演劇素戔嗚尊かんなぎ中国演劇民間巫者大道芸即身仏太平記比丘尼常世神朝鮮人興行催眠劇団鬼道

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

巫覡の関連情報